『VS嵐』二宮和也の“ブスいじり”に批判「ただの悪口」「子どもも見るのに」

二宮和也 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

『嵐』の二宮和也が9月3日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)で、お笑い芸人を「ブス」呼ばわりしたことが話題になっている。仲の良さや芸風を踏まえた発言であるものの、物議を醸してしまった。

番組では、特別企画として「顔ミックス対決」を放送。物体や人物の顔が徐々に変化して、どの芸能人に変わるのかを当てる企画で、『嵐』チームとゲストチームから1人ずつが登場して早押しクイズに臨んだ。

ゲストチームの『ミキ』昴生は櫻井翔、二宮と対戦したものの2連敗。2人の能力に驚いた昴生は「なんでこんな嵐さん、得意なん? ジャニーズの事務所で習うんですか? 養成所で」とツッコミを入れる。「オーディションでこれがある」と松本潤がボケを被せると、昴生は「えー! これ答えられたらジャニーズ入れるの?」と続け、「俺、頑張ろ! だって、年齢制限ないでしょ?」と意気込んだ。

ジャニーズ入りもくろむ『ミキ』昴生に「ブスだから無理だよ!」

2人のやりとりを見ていた二宮は突然、「でも、ブスだから無理だよ!」とポツリ。昴生は「はっきり言うなよ! 問題発言やぞ!」とツッコミ、二宮はゲラゲラと笑っていた。

このシーンが、ネット上で

《仮にネタに合わせて言ったんだとしても、知らない側からしたら悪口にしか聞こえなかったし、あんまり言わない方が良かったかなと思った》
《ミキのネタにあることを知った上でのツッコミだと思うから不適切な発言だとは思わないけど、いろんな年代が見ている時間帯での”イジり”という面で見れば良いとは言いきれないとも思う》
《ブス弄りはやめない??と思うけどミキ自身が漫才のネタにしてるからなぁ…どうなんだろう…本人にとってはオイシイところなのかな…》
《子どもも観る番組、そのネタを知らない人も観る番組でのブス発言は嫌だな~》

などと物議を醸している。

二宮の「毒舌」が悪目立ちしてしまったのは確かなようだ。

【あわせて読みたい】