歌詞ミス!?『Mステ』R-指定がファンから絶賛を受けた“木村”とは

MRProduction / SHutterstock

9月4日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に、ラッパーのR-指定とDJ松永の2人からなるHIP-HOPユニット『Creepy Nuts』が出演。俳優の菅田将暉とコラボした。パフォーマンス中、R-指定が歌詞を間違えてしまうハプニングがあったのだが、なぜかファンからは絶賛の声が寄せられている。

今回、彼らが披露したのは、〝Creepy Nuts×菅田将暉〟という異色のコラボによって生み出された楽曲『サントラ』。以前、菅田がパーソナリティーを務めるラジオに「Creepy Nuts」がゲスト出演したことがキッカケとなり、交友関係を築いたのだという。

そして楽曲がはじまると、問題の場面が訪れる。R-指定は「傾奇者 お尋ね者 なれずに何故かもがく仕事」という歌詞を、「傾奇者 お尋ね者 なれずに何故か〝ながく〟仕事」と間違えてしまう。続く「あらぬ事 よからぬ事 かきたてられ心底病む仕事」という歌詞も、「悩み事 かくし事 ぶっこんで笑顔でやる仕事」と歌っている。

しかし他の部分では、ミスではなくアレンジだと分かるところも。「ステージの上から画面の向こうからこの口でほざく『どう? 調子!』」という歌詞は、「ステージの上から画面の向こうから〝今日はMステから〟『どう? 調子!』」と歌っていたのだ。

R-指定の“木村”にファン大興奮!

歌詞をアレンジしていたR-指定に対し、視聴者からは、

《R-指定が〝木村〟しようとして歌詞飛ばしたりw 曲も含め魅力全開で最高だった》
《昨日のMステ見ているけど、R-指定やらかしてるね! いいじゃん!》
《R-指定、〝木村〟もしたし、ゴリゴリに歌詞間違えてる》
《一発めの〝ミス木村〟を取り返すかの如し、100点のパフォーマンスで素晴らしかった!》

といった絶賛の声が上がっている。

どうやら木村拓哉の大ファンであるR-指定は、自身のラジオ番組で「『ミュージックステーション』に出演した際、木村拓哉のように歌詞や音程にアレンジを入れて観客を沸かせる」と意気込んでいたようだ。R-指定はこれを〝木村〟と呼んでおり、宣言通り〝木村〟を実行した彼にファンは歓喜したようだ。

いま大きな注目を集めている『Creepy Nuts』。今後も〝木村〟するようなシーンを見たいものだ。

【画像】

MRProduction / SHutterstock

【あわせて読みたい】