『行列』新婚・丸山桂里奈への“顔イジリ”に批判続出「本当に胸糞悪い」

丸山桂里奈

(C)まいじつ

9月6日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、この日MCを務めた明石家さんまの振る舞いが視聴者から批判の対象となっている。

この日は生放送。5日の『東京ガールズコレクション』で結婚を発表した、元サッカー日本代表でタレントの丸山桂里奈と、同じく元代表の本並健治氏がスタジオに登場。番組は2人のなれそめを振り返った。

本並氏がサプライズでプロポーズの手紙を読むことに。丸山はメッセージを聞きながら、やや口角を上げて愛おしげな表情で本並氏を見つめていた。しかしカメラが丸山をアップにすると、画面の外からさんまの笑い声が聞こえてきた。

さんまが表情にツッコミ「アップの顔なんとかして!」

さんまは「ごめん」と2人の間に割って入り、「アップの顔、なんとかなりませんか?」と丸山の表情にツッコミ。本並氏は手紙を読み上げるのを止めた。丸山は「真剣に聞いてるんです!」と苦笑いしたが、さんまは「ちゃんとうれしさを顔に出してくれや!」と追及する。

さらに、さんまは「お前らも笑うな!」と周囲にも注意。本並氏の顔を見つめる丸山に対し、さんま以外に笑い声をあげていた人物はいなかったが、『チョコレートプラネット』の2人は「笑いますよ!」、『フットボールアワー』後藤輝基も「オモロい顔してたでしょ!」と、丸山が普段見せない表情を浮かべていたことを否定しなかった。

本並氏はさんまの指示で手紙を途中から読み直し、番組は終始祝福モードに。ただ、大事な場面で丸山をおとしめたさんまには、視聴者から批判の声が続出した。

《幸せそうでかわいいのに、なんでそこで顔いじりすんの。しかも手紙読んでる最中に。話遮って邪魔すぎ》
《プロポーズ企画持ってきておいて、真面目に聞いてる人の顔をアップで映してプロポーズ中断させてまで人の顔いじるの本当に胸糞悪い》
《行列で丸山さんの顔が面白いからという理由だけで本並さんが手紙を読んでるところを途中で遮るとか、顔にしか話題にならないしほんと信じられなかった》
《顔いじりしてたけど全然笑えねーな。もう顔いじる時代終わりだろ》

丸山としては、オイシかったかもしれないが…。

【あわせて読みたい】