前田敦子“マスゴミ”への苦言に同情の声!「警察に相談してもいいかも」

前田敦子 

(C)まいじつ

女優の前田敦子が9月6日、自身のインスタグラムを更新。マスコミの取材に苦言を呈した。

前田は、《真剣な内容を失礼します。今朝、子供を抱っこしながらスーパーに向かって歩いていたら、記者の方に声を掛けられました》と、取材を受けたことを明かし、《後ろから突然でびっくりしましたし、お断りしてエスカレーターに乗っている間もずっとで、エスカレーターを降りた先にはカメラを構えた方がいて。。 子供が一緒だったのでとにかく危ないなと冷や冷やしました。子供との写真はもちろんやめてほしいです》と報告した。

前田敦子を擁護する声が続出!

前田の悲痛な思いに、小さい子どもを持つママたちからは、

《これは記者がダメだよー。赤ちゃん抱いてて、エスカレーターで転んだらどうすんの?》
《芸能人だからってヒドくない? 赤ちゃん連れてるお母さんに複数で突撃とか、非道だよ》
《あまりひどいものは、警察に相談してもいいかもしれませんね。記者のいいようにさせてはならないと思います》
《その記者の名前と顔を公開していただきたい。記者だからって、何してもいいと思ってるの?》
《突撃して真相を究明する気骨のある記者さんはいると思いたいけど、今回の場合は子ども連れのときを狙った明らかに卑怯で下世話な行為》

などといった抗議の声が上がっている。

「8月30日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)が、『女優Mと俳優Kの夫婦は離婚間近』と報じ、現在、前田と夫である勝地涼の周囲がにわかに騒がしくなっています。前田は先月、髪をバッサリ切り、結婚指輪も外したことから、マスコミも本心を探るのに躍起になっているのでしょう。しかし、さすがにエスカレーター付近で突撃取材するのはやり過ぎでしょうね。アンチも多い前田ですが、今回ばかりは擁護の声がほとんどです」(芸能プロ関係者)

現在、前田と勝地は別居中だが、子どものコロナ感染対策のためともいわれており、離婚話がどこまで本当なのかは明らかになっていない。だからといって前田自身が何かを語るまで放っておいても、あまりにどうでもよくて、おそらく誰からも文句は出ないハズだが…。

【あわせて読みたい】