テレビは完全スルーも… 田中圭“刑事役なのに警察沙汰”でスポンサー大激怒!?

田中圭 

(C)まいじつ 

9月4日、俳優の田中圭が泥酔して警察沙汰を起こしていたことを、NHKのWEBニュースが小さく報じた。

事件があったのは8月3日の早朝。田中はタクシーで東京・世田谷の自宅に向かっていたがかなり酒に酔っており、運転手が声をかけても起きず、乗車料金を支払わなかったという。通報を受け警察官が駆けつけたが、田中は会話ができない状態まで泥酔しており、そのまま警察署で保護された。所属事務所の担当者は「現段階では答えられない」と答えている。

「田中は永山瑛太に並ぶ酒乱俳優で、酒のトラブルはこれまでにも数多く起こしている。中には不倫や賭博、持ち帰りしたグラドルをクビに追い込んだこともありましたが、〝何かの力〟が働いて、全く干されることなく今日まで来ています。今回も、事件から1カ月も経ってからNHKのネット版が軽く報じただけで、各局のワイドショーでは全く触れられていません。最近では山下智久、古くは元サッカー日本代表の前園真聖、市川海老蔵など、報道により社会的制裁を受けた〝酒トラブル〟芸能人は『不公平』だと納得いかないことでしょう」(芸能ジャーナリスト)

メディアはスルーもスポンサーは激怒か…

圧力をかけたのか忖度が働いているのかは不明だが、またもやメディアでスルーされている田中のクズ行為。しかし、今回に関しては「タイミング」が悪く、ついに干される可能性もあるという。

「今月11日から、田中が『Hey!Say!JUMP』山田涼介とW主演を務める『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』(TBS系)が放送されます。そして、何を隠そう同ドラマは刑事ドラマ。警察モノの主演俳優が放送直前に警察沙汰など前代未聞であり、スポンサーはかなりの不快感を覚えたとか」(芸能プロダクション関係者)

この不快感を解消する唯一のチャンスも、田中はみすみすと逃してしまったようだ。

「警察保護報道の2日後、『キワドい2人』の製作発表会見が開かれました。騒動直後とあって田中には注目が集まったのですが、田中は謝罪するどころか『僕の最近あった〝キワドい〟話だと…多分、あのー…皆さんもうご存知だと思うので、コメントは差し控えさせていただきます』とダンマリ。共演者から触れられた際もノリノリでツッコミを入れ、反省どころかヘラヘラとネタにしたのです。この態度に一部スポンサーは、怒りを覚えています。直前のため撤退とはなりませんが、今後、田中出演作品に関しては態度が変わるでしょうね。記者の多くも、会見の空気に合わせて笑っていましたが、内心は田中の態度に『マジか…』とヒヤヒヤしていたと聞きます」(スポーツ紙記者)

仮に干されたとしても、1ミリも同情の余地はない〝自業自得〟にすぎないだろう。

【あわせて読みたい】