泰葉がまたもや結婚宣言!「見ててこっちがツラい」と哀れむ声…

泰葉 

(C)まいじつ 

タレントの泰葉が9月6日、自身のYouTubeチャンネルを更新。パキスタン人の恋人と、結婚を前提に交際していることを明かした。

泰葉はコロナ禍の今年8月、パキスタン人の恋人に会うために同地へ行ったことを明かし、「10月末ごろ、彼が日本に来て入籍する予定です。みなさま、どうか温かく見守ってください。よろしくお願いします」などと、結婚を予告した。

お相手の男性は、日本でもビジネスを展開している実業家だといい、出会いのキッカケは4年前にSNSでやり取りをしたことだという。

泰葉は落語家、初代・林家三平の次女で、1988年に同じく落語家の春風亭小朝とわずか3回のデートの後に婚約し、家族や一門の反対を乗り越えて結婚。しかし、2007年に突然、離婚を発表して世間を騒がせた。また、17年9月には、SNSで知り合ったイラン人男性との婚約を発表したが、翌年4月に婚約を解消していた。

泰葉がイスラム教に入信!?

本来であれば、祝福の声が上がるはずだが、ネット上では、

《前はイラン人だったけど、結局、婚約解消だったよね。また同じパターンだろう》
《正直、哀れとしか言いようがない。お相手の方は泰葉のブログを読んだことあるのか? アレ見て結婚する気があるなら、相当メンタルが強いと思う》
《どうせただの話題作りだろ。懲りないところが本当に怖いです》
《都知事に立候補すると言ったり50歳過ぎて妊活すると言ったり、ちょっと怖い。マジメに通院をオススメしたい》
《心の病気をどうにかした方がいいと思う。借金も全額返済されたんでしょうか? 見ていてこっちがツラくなるわ》

など、冷めた声がまん延している。

さらに泰葉は、7日に更新した自身のブログでイスラム教に入信したと明かし、その理由として《それは(恋人と)やはり同じ宗教を持っていたかったのと 入信するときにそれまでの罪が清められるとあったからです》としている。

また、同日の別の投稿では《イスラム教に入信すると豚肉が食べられなくなります。私は入信する前に、ある豚肉料理を思いっきり食べる前に金髪豚野郎と叫びました》とつづり、小朝との離婚記者会見で飛び出したおなじみのフレーズをまたもやブチかました。

泰葉の〝迷走〟はまだまだ続きそうだ。

【あわせて読みたい】