有吉弘行“芸能界のタブー”に触れて共演者動揺「言わない方が…」

有吉弘行 

(C)まいじつ 

9月5日に放送された『有吉の夏休み2020』(フジテレビ系)で、有吉弘行が〝芸能界の闇〟に触れたと密かな話題を集めた。

コロナ禍の影響により、毎年恒例のハワイ旅行ではなく、都内近郊でのレジャー体験となった今年の同番組。ハワイと違ってインパクトに欠けるためか、過去オンエアの思い出話やVTRも頻繁に飛び出していった。

番組中盤、一同がBBQをしながらトークに花を咲かせていると、過去のハワイ旅行を思い出した有吉は「あのときはまだ渡部さんも元気だったね(笑)」とコメント。同番組に二度出演したが、現在は不倫問題で活動自粛中の『アンジャッシュ』渡部建をイジっていく。

そして、有吉は渡部に言及したことで〝出演者に問題児が多い〟という共通点に気付いたよう。「渡部さんトラブル起こして、木下さんトラブル起こして、岡井もちょっとトラブル起こして…」と、パワハラ問題で事務所を退所した『TKO』木下隆行、不倫で芸能界を引退した岡井千聖にも言及する。

業界内でも疑問が上がった〝不可解〟さ

みちょぱと小嶋陽菜が法則性に納得していると、有吉はさらに「マギーちゃんもそうだな正直」とポツリ。すると、小嶋の表情は苦笑いに変わり、みちょぱに至っては「マギーさんは、あまり言わない方がいいヤツですね」とクギを刺すように答える。

しかし、有吉は酔っ払っているのか、真っ赤な顔で「言わない方がいいって言ってもなぁ。起こしたことは起こしたことだもんな」と発言。さらに、「リンフー(不倫)が多いよな」と、マギーのトラブル内容にも踏み込んでいった。

「マギーとHi-STANDARD・横山健との不倫が発覚したのは2017年1月。当時は前年のベッキーから続く〝不倫バッシング〟がブームといえる状況でしたが、この一件は〝謎の圧力〟がかかったようで、スポーツ紙やワイドショーといった大手メディアで完全にスルーされました。マギーの所属事務所は、ジャニーズやバーニングと並び、絶大な影響力を持っていることでおなじみですが…」(スポーツ紙記者)

この不可解さには、業界内からも疑問が上がっていた。

「当時の『ワイドナショー』で松本人志が『マギーの話を…』と水を向けたところ、MCの東野幸治が『その話、奥の方に置かせてもらっていいですか。怖いんで。鍵かかって開きません』と静止。『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳もツイッターで実名を挙げて疑問を呈しています。不倫発覚前年には、『世間とズレてる芸能人は誰だ!? ズレ!オチ』(同系)で、ハーフモデルのダレノガレ明美が『マギー、事務所の力がつえぇんだよなー』と発言したことがありましたね」(同・記者)

有吉は言及しなかったが、同じく不倫のとにかく明るい安村、女子高生との淫行で謹慎した狩野英孝も出演していた同番組。確かに、やたらと異性スキャンダルが多いさまは、呪われた番組と言えるかもしれない…。

【あわせて読みたい】