長谷川京子“バストアップ”で巨乳化明かすも疑いの目「あり得ない」

長谷川京子 

(C)まいじつ 

女優の長谷川京子が9月6日、自身のYouTubeチャンネルに新たな動画をアップ。日頃行っているというバストケアを明かしたのだが、ネット上ではその内容に〝待った〟を掛ける声が上がっている。

話題の動画は、スナックのママに扮した長谷川が実際に店を貸し切り、親交のあるスタッフにお酒を振る舞うという企画。事前に視聴者からお悩みを募り、「脈ありの見極め方」「どんな男性に魅力を感じるか」などの恋愛系から、「子育ての課題」「食生活について」などライフスタイルに関わるものまで、さまざまに寄せられた質問に対し、〝京子ママ〟の考えを明かしていった。

そんな中「バストケア」について話が及ぶと、「20代とかホントに胸がちょーデカかった」と、出産を経て胸がボリュームダウンしてしまったことを告白。そこで長谷川は「(自然に)抗ってみよう」と、現在バストサロンに月1回ほど通い、背中に流れた脂肪をほぐして、剥がして、それを〝前に持ってくる〟施術を受けているのだとか。その結果、完璧に元通りにならないとしつつも、「愛でてあげるとこんなに変わるんだ」と少なからず効果を実感しているようだ。

高須先生がきっぱり否定!

「美容整形外科の高須幹弥氏は、バストアップに関するサプリ、塗布クリーム、ブラジャー、それら〝すべてインチキだ〟と語っています。8月31日に自身のYouTubeチャンネルにアップした動画では、『脂肪組織が、手でマッサージすることによって移動するなんてあり得ない』とキッパリと断言していました」(ネットメディア編集者)

人気ユーチューバーで元有名子役タレントの〝てんちむ〟こと橋本甜歌はつい先日、過去に豊胸の手術をした事実を隠し、バストアップするというブラジャーやサプリメントをプロデュースしたことがバレて、謝罪していた。ネット上では長谷川の動画に対して、

《今、胸のことはやめておけ! てんちむの件があるだろう》
《てんちむ案件か》
《高須先生がそれはない、騙されないでって言ってたよ》
《豊胸しちゃったのを認めたくないから、昔からデカかったことにしたのかw》

などと、ツッコミを入れる声が多く上がっている。

これは、フルヌードにでもなって、証明するしか手はなさそうだ。

【あわせて読みたい】