上地雄輔の”家事やらない”発言に賛否「奥様えらいな」「仕事の方が大変」

上地雄輔 

(C)まいじつ 

9月8日に放送された朝の情報番組『グッとラック!』(TBS系)に、俳優業もこなすアーティストの〝遊助〟こと上地雄輔がゲスト出演。その中で〝家事〟に対する独自の見解を示す一幕があり、ネット上で賛否の声が続出している。

今回の放送では、別番組でタレントのSHELLYが語った〝ゴミ出し論争〟の反響を受けて、放送作家の野々村友紀子が〝夫のゴミ出しアピール〟について熱弁。夫婦間のゴミ出しの認識に関して議論が繰り広げられ、出演者たちもゴミ出しに必要な〝分別〟〝ゴミ袋の設置〟などができているのかをチェックしていった。

そこで上地は、さまざまな項目がある中「ゴミ置き場に持っていく」というチェック項目のみを選び、「たまに手伝う時は手伝いますけど、こんな感じです」とコメント。これに司会の立川志らくから「なぜやろうとしない? 他は家事はやるんですか?」と疑問視されるも、上地は「他の家事もあんまやらないです」と反論する。終いには「なぜ?」と聞かれたことに、「なぜやろうとするの?」「ずーっとこういう感じなんですね。あんまりケンカにもならないですし」と意見を述べていた。

「この議論の発端は、9月1日に放送された『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)での一幕に原因があります。番組内でSHELLYは〝自称家事を手伝っている男性芸能人〟が、ゴミ出し程度しかしていないことに抗議。『自分のトイレの後始末をするくらい何でもないこと』と断罪し、放送終了後に世の女性たちから《代弁してくれてありがとう!》といった大きな反響を呼んでいました」(テレビ誌ライター)

家庭の事情に首を突っ込みたがる人たち

堂々と家事をしていないと発言する上地。これは女性たちからの印象も最悪だったようで、ネット上には、

《完璧じゃなくてもいいからやろうと頑張って欲しい》
《上地さんの奥様えらいな。言わないだけで、本当はイラついてるんじゃない?》
《二人にとって心地いい家事分担と思ってるのは、男性のみってこともあるかもよ》
《別の言い方は出来なかったのかな? と個人的に思いました》

などの批判が続出している。一方で素直に発言した上地を称える人たちも多く、

《上地さん、良いと思う。そういう家庭もあると思うよ。家庭によりケースバイケース》
《『相手の本心は分からないよ?』っていう外野が一番うぜぇ》
《毎日の家事全てより、お仕事の方が大変なのかもしれませんよ?》

といった声も上がっていた。

家事の分担方法などは家庭によってさまざま。他人の旦那が〝やらない〟と発言しただけで非難することはお門違いなのかもしれない。

【あわせて読みたい】