『わたナギ』特別編に批判殺到! ファンの期待を裏切り「詐欺だわ!」

私の家政夫ナギサさん 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

9月8日、多部未華子主演ドラマ『私の家政夫ナギサさん 新婚おじキュン! 特別編2Hスペシャル!』(TBS系)が放送された。最終回後の〝特別編〟ということでファンの期待は高かったが、〝ある不満〟が大噴出してしまったようだ。

同作は、仕事はできるものの家事と恋は不器用な28歳の独身女性・相原メイ(多部)が主人公。ある日、妹の福田唯(趣里)が、誕生日プレゼントとしておじさんスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)を雇ってきたことから、メイとナギサの奇妙な関係が始まっていくハートフルラブコメディーだ。

今回放送された特別編は、これまで放送された全9話をダイジェスト形式でまとめたものに、最終回後の2人の新婚生活を描いたシーンを加えたもの。ダイジェストの間のところどころに、新作パートが挿入される構成となっていた。

新作パートでは、〝メイの目覚ましの音量が大き過ぎる〟ことをきっかけに、新婚の2人が日ごろのうっぷんをぶつけて大ゲンカ。言い争いから仲直りの過程が描かれたのだが…。

「2時間分の時間を返して!」

「ファンが楽しみにしていた新作パートの放送時間が、ほんの十数分ほどだったのです。結局、2時間の放送の中で、ほとんどがダイジェストパートで占められていました。〝特別編〟と銘打っている割には〝総集編〟のような仕上がりになり、初見向けの内容でしたね」(テレビ雑誌ライター)

これに、2人の新婚生活の様子が見たいと願っていたドラマファンからは、

《たぶん大半が総集編なんだろうなとは思ってたけど、ここまでとは思わなかった》
《これタイトルとか予告とか「総集編」と大きく書いて「+ちょっと新婚見れるかも、、?」にしといてよー! 2時間ずっと待っちゃったじゃん! 返して時間!笑》
《「新婚おじキュン!特別編」は詐欺タイトルだわ》
《何がダメだったんだろって考えたら、広告の打ち方だと思う》

など、不満の声が殺到。また、ダイジェスト部分と新作部分を織り交ぜた構成についても、

《時系列ぐちゃぐちゃになって見えるし、回想しているシーンもないから分かりづらい》
《視聴者を逃すまいと思ってなされた編集が仇となってるね今回…》

などと、混乱する声も多く上がっている。

とはいえ、この〝特別編〟がなかったら、彼らの新婚生活など1カットも見ることはできなかったといえる。限られた時間と予算の中、視聴者の「見たい!」に応えた制作陣には感謝したい。

【あわせて読みたい】