『ボンビーガール』趣旨ブレブレに批判の声!「芸能人の卵の宣伝じゃん」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

地方から上京する女性の部屋探しを手伝う『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)の人気企画「上京ガール」の人選に、〝賛否〟の声が上がっている。

9月8日に放送された同番組に、歌手志望で北海道から上京する18歳の女性〝ゆづきさん〟こと駒津柚希さんが出演した。実は彼女、昨年放送されたオーディション番組『歌唱王』(同系)で、1万4000人以上の中から優勝を手にした経歴を持つ。今回の上京を密着したVTRでは、これから所属する芸能事務所での打ち合わせへ向かうと、そこで9月12日放送の『THE MUSIC DAY』(同系)の出演オファーを受けていた。

この番組は、音楽界を代表するアーティストが一同に介する、『嵐』櫻井翔MCの特番。今年は、今話題の『NiziU』をはじめ、三浦大知や矢沢永吉らも出演予定となっており、駒津さんはそうそうたる出演者の名前を見て、不安から思わず「怖い」と泣き出してしまう。

そんな中、ボイストレーニングのためスタジオに向かうと、そこにはロックミュージシャン・MIYAVIの姿が。今回、新人である駒津さんのため、協力を買って出てくれたのだ。「ゆづきちゃんがぶちかますと聞いたんで、サムライセッションしにきました」と話すと、駒津さんは目を丸くしうろたえるばかりだった。

「いつから芸能人育成番組になったの?」

「最近の『ボンビーガール』は、女優を目指して兵庫県から上京した21歳の女性・川口葵さんの芸能事務所に所属する過程や、初のグラビア撮影現場に密着取材しています。そして今回は、上京女性の物件探しではなく、『THE MUSIC DAY』の番宣と化していました。これでは、〝物件探しお手伝い〟という本来の趣旨から外れ、単に局を挙げての芸能人の卵の上京を追うドキュメンタリー番組です」(テレビ雑誌ライター)

実際に、番組ファンと思しき人たちからは、

《最近のボンビーガールは芸能人目指してる人応援する番組になってる》
《もう、歌唱王で勝った子のプロデュースが番組と出来上がっちゃってるじゃん》
《いつからボンビーガールは芸能人育成番組になったの… 趣旨違ってきてんじゃん…》
《最近のボンビーガール、芸能人の卵追っ掛けるみたいのばっかだね》
《芸能人志望女子が見たいわけじゃない》
《ボンビーガールって家探しでしょ? 『歌唱王』で優勝はすごいし、『THE MUSIC DAY』に出演もすごいよ。でもボンビーガール使って自分の番宣しないでほしい》

などと、不満が殺到している。

現在はコロナ禍で、一般の上京ガールがなかなか見つからないのかもしれないが…。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】