『ぐるナイ』放送事故? お尻が燃えるハプニングに「芸人の意地を感じた」

岡村隆史 

(C)まいじつ 

9月10日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)で、放送事故寸前のハプニングが起こったとして視聴者の間で話題になっている。

この日は『ナインティナイン』の結成30周年を記念した企画を放送。お笑い第七世代と対決するロケ企画では、『霜降り明星』、『ぺこぱ』の計4人と岡村隆史、矢部浩之がふんどしを着けて戦うことに。長さ20メートルのふんどしの先に火をつけ、ギリギリまで炎に耐えた芸人を勝ちとするゲームだ。

やけど防止のジェルを塗り、医療スタッフもつくなど万全の対策でスタート。勢いよく火が迫ると、一様に前方に向かって猛ダッシュ。プールに飛び込んで炎を消した。

尻に炎が迫り「ケツの毛燃えた!」

予選2組目では岡村、せいや、シュウペイが対決。岡村、シュウペイはいち早く走り始めたが、せいやは長さ1メートルを切っても我慢し、最後まで耐えてスタート。勢いよくプールに飛び込んだものの、映像ではせいやの尻にまで火が燃え移っていたようにも見えた。

鎮火した後に矢部が「せいや、ケツ燃えたよ!」と声を掛けると、せいやは「ケツ毛燃えた!」と絶叫。「ケツに火がつきましたもん。今も熱いですもん」と炎の勢いにおののいていた。

決勝でも芸人根性を見せつけ、せいやは見事に優勝。視聴者の間では、せいやの奮闘が話題となっている。

《ぐるナイ見てたんだけど、せいやのお尻に火ついてる!》
《せいやのお尻燃えたやつおもろすぎて思い出しただけでわろてまう》
《若手芸人の意地を感じたわ》
《せいやさん後で怒られてそうw 放送事故に近かった気がするw》
《せいやさんの1発目、お尻への着火具合がちゃんと事故だけどすーーーっごい面白かった!!》
《放送事故レベルで股間燃えてるが、一生記憶に残る伝説のふんどしファイヤーだ》

後輩芸人の頑張りに、岡村と矢部の尻にも文字通り火がついたかもしれない。

【あわせて読みたい】