「黙れババア!」誹謗中傷歴アリ…早くも不安視されるデジタル担当大臣

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

9月16日、臨時国会で菅義偉自民党総裁が第99代首相に指名され、〝菅内閣〟が正式に発足した。新内閣の大臣が一様にヤル気を見せる中、早くも大きな心配を浴びている人物がいる。「デジタル担当大臣」として入閣した平井卓也大臣だ。

平井大臣は香川1区選出、当選7回の衆院議員。新卒で大手広告代理店の電通に入社し、自民党のIT戦略委員長やネットメディア局長を歴任するなど、一貫してデジタルやネットとともに歩んできた。2年前の第4次安倍改造内閣でもIT担当大臣に就任しており、今回は二度目の入閣となっている。

こうした経歴からすると、まさに〝適材適所〟に見える今回の入閣。しかしそのイメージに反し、過去には「デジタル」でお粗末過ぎる〝ポカ〟を何度もやらかしているのだ。

デジタル大臣が誹謗中傷の皮肉

「ネットを担当してきたにもかかわらず、自演工作コメントがバレたことがあるのです。時は2013年の参院選。当時、自民党ネットメディア局長を務めていた平井大臣は、ニコニコ生放送で行われた党首討論に《あべぴょん、がんばれ》とコメント。さらに、社民党・福島瑞穂党首の発言時には、《黙れ、ばばあ!》と超ド直球な中傷を投稿。当時、日本維新の会共同代表だった橋下徹氏の欠席が伝えられた際には、《橋下、逃亡か?》とコメントしていました。なぜこれがバレたかというと、匿名設定ではないID表示モードでコメントした上、『今、ID○○で参加しています』という自動のツイッター連携を切り忘れていたという…。ネット担当とは思えないお粗末さでしたね」(週刊誌記者)

今年にも、あの物議を醸した検察庁法改正案の国会審議で「デジタル」なやらかしを…。

「同審議は5月13日朝9時から始まったのですが、平井大臣は開始から10分もたたないうちに、資料閲覧用に持ち込んだタブレット端末でYouTubeを鑑賞し始めたのです。しかも見ていたのは、審議と全く関係のない動物のビデオ。後に本人は『たまたま(動画が)出ちゃった』と釈明しましたが、その実、動画視聴は5分間にも及んでいます」(同・記者)

こうしたお粗末過ぎる過去がありながらのデジタル担当大臣就任に、ネット上では、

《とんだブラックジョークだ》
《国会中に関係ないワニ動画を閲覧していた平井卓也議員がデジタル大臣!》
《こんなのがデジタル相とか日本の恥》
《ニコ動で「黙れ、ばばあ」コメやワニ動画をタブレットで見ていたスキルが評価されたんですね》
《いったい日本はいつになったら台湾のオードリータンみたいに実力で内閣組んでくれるんだ》
《匿名で「黙れ、ばばあ!」って書き込んだ人がデジタル相。そんな人にヘイト対策、誹謗中傷対策なんてできるのかな》

など、批判や皮肉が噴出。菅新総理肝いりの新設ポストにもかかわらず、早くも怪しい雲行きだ。

奇しくも現在は、ネット上の誹謗中傷に対する規制が強化される流れの真っただ中。そんな中で誹謗中傷経験者がデジタル担当大臣とは、何ともコッケイな人事としか言いようがない。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】