三浦春馬さんへの愛… 佐藤健の“粋な行動”に感動「泣きました」

佐藤健 

(C)まいじつ 

7月に逝去した俳優・三浦春馬さんが出演するドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)の第1話が、9月15日に放送された。放送直前、春馬さんと同事務所で古くからの友人でもあった俳優・佐藤健が取った〝ある行動〟に、称賛の声が続出している。

女優・松岡茉優が主演する同ドラマは、春馬さんの遺作で、代役を立てず全4話の放送を予定。おカネを正しく使い、モノの本質を大事にする「清貧女子」・九鬼玲子(松岡)と、玲子が務める会社の御曹司・猿渡慶太(三浦春馬)という、正反対の価値観を持った者同士の恋愛模様を描く〝じれキュン〟ラブコメディーだ。

放送前の21時16分、佐藤は自身の公式LINEを更新。そこでは《一緒にカネ恋みよう 22時から》と笑顔の記号マークを用いて呼び掛け、その後ビデオ配信アプリ『SUGAR』にて同ドラマの出演者である俳優・三浦翔平とともにライブ配信を開始した。

「三浦翔平は、丁寧に言葉を選びながら『7月に僕らの、あのー、仲間である春馬くんが逝っちゃいましたけど、彼と松岡茉優ちゃんの…』とドラマの設定を説明。その際、佐藤は画面の一点を見つめ、思い深そうな表情で相づちを打っていました」(ネットメディア編集者)

春馬くんへの愛であふれていた

三浦春馬さんとは新人のころから所属事務所『アミューズ』の若手俳優プロジェクト『チーム・ハンサム』のメンバーとして活動し、ドラマ『ブラッディ・マンデイ』(TBS系)でも共演した佐藤。春馬さん亡き後、何もコメント等を発しない佐藤に対して、一部ネット上では「冷たい」と責める声も上がっていた。そのような状況の中、春馬さんの出演作を各媒体で告知するといった行動に、ネット上では、

《多くを語らない健くんだけど…優しいんだよなぁ… 番宣というかたちで想いを伝えてくれる気がしてた…》
《LINEのメッセージに、健くんの想い、愛が痛いほど感じられて泣きました  2人の優しさ、愛があふれていたSUGARもうれしかった》
《健さんLINEからの翔平さんとのSUGARが春馬くんへの愛であふれてた。力がすっと抜けて、穏やかな気持ちになった。 健さんの目がすべてを語っていたと思う》
《これ以上の追悼があるだろうか。 自分が出ていないドラマを自分のファンに向けたLINEで一緒に見ようと誘い、自分のドラマでやったように30分前に不意打ちsugar》

などと大きな反響を呼んでいる。

人それぞれの追悼があるようだ。

【あわせて読みたい】