『Mステ』にドン引き…素人参加&ランキング企画連発でオワコン化が加速!

タモリ 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

30年以上にわたって放送されている人気音楽番組『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)。アーティストによる生パフォーマンスが魅力だが、最近はランキングや素人参加企画などを連発。相対的にアーティストのパフォーマンス時間が減ってしまい、ネット上で批判の声が続出している。

今年の5月から7月に放送されていた「WAになっておどろうプロジェクト」は、コロナ禍で生み出された新コーナー。毎回異なるジャニーズアイドルがVTRで出演し、『V6』の代表曲『WAになっておどろう』に合わせて、自宅で楽しめるダンスを紹介していく。参加型企画ということで、一般人から募集した〝踊ってみた〟動画も番組内で取り上げられていた。

しかし、この企画に対して、ジャニーズファンからは、

《ただでさえ自担が映るタイミング少ないのに、一般の子どもたちを交ぜてきてキレそうになった》
《一般市民の動画とかYouTubeにでも上げといて、見たい人だけ見ればいいのに》
《一般人、ほんといらない。こっちはアーティスト目当てで『Mステ』見てるんだから》
《この企画する必要あった? ダンスとか興味ない。音楽を取り上げる番組でしょ》

などといった辛らつな意見が多く寄せられていた。

まだある!『Mステ』の大不評コーナー

また、ランキング方式で過去の曲を紹介するコーナーも大不評。「映画の主題歌ランキング」ならまだしも、「ちょいエロ クズ男が選ぶラブソング10選」や「夏までに痩せる! 女子向けJ-POP」といったランキングが放送されることに、嫌気が差している視聴者も。

ランキングコーナーの尺が長いこともあり、

《いつになったら、パフォーマンスするのよ! 延々とランキング…》
《数年ぶりの『Mステ』、絶望的につまらないんだけど。ランキングにどんだけ尺使うの? マジあり得ない》
《『Mステ』は、いつからこんなつまらない構成になってしまったのか…。アーティストが歌ってる時間よりランキングの方が長い気がする》
《もうオワコンだろ。ワケ分からんランキングとかやってる暇あるなら、パフォーマンスをフル尺でやってくれ…》

など、批判的な声が多く上がった。

2018年1月に放送された2時間スペシャルでは、「部活に青春を捧げる高校生が選ぶ『アガる』J-POPランキング」と、ランクインした楽曲を全国のダンス部やチア部・新体操部がパフォーマンスする企画を放送。登場歌手は6組だったが、ほとんどの時間を素人のVTRが占めていた。

不評なのは、アーティストではない人たちによる企画ばかり。本格的に〝オワコン〟扱いされてしまう前に、番組作りをもう一度見直した方がいいのかもしれない。

【あわせて読みたい】