『香水』瑛人は“一発屋”!? かつて一世を風靡したアーティストの現在

May J 

(C)まいじつ 

今年の大みそかに放送される『第71回 NHK紅白歌合戦』への出場が内定するなど、勢いが止まらないシンガーソングライターの瑛人。しかしその一方で、彼のことを〝一発屋〟ではないか、と指摘する声も多くなっている。

瑛人といえば、昨年リリースされた楽曲『香水』が、今年に入って大ヒット。オリコンの週間合算シングルランキングや、『LINE MUSIC』の月間ランキングなど、さまざまな音楽チャートを総ナメにしている。YouTubeに投稿されたMVは、1億回超の再生回数を記録。ヒットのきっかけは、一般人がSNSなどに投稿した多数のカバー動画で、まさに〝今ドキ〟らしいブレークの仕方と言えるだろう。

しかし、そんな大成功の裏で、ネット上では、

《一発屋で終わりそう》
《『香水』以外の瑛人の曲を知ってる人って、そんなにいないのでは?》
《今年に入って新曲も出してるけど、話題になってるのは『香水』だけ…》
《あと1年持てばいい方かも》
《そもそも『香水』がヒットしたのだって、本人の実力とは関係ない偶然だし》

などの声が。実際にこれまでも音楽業界では、数々の〝一発屋〟たちがブレークしては消えていった。

“一発屋”たちは今も精力的に音楽活動を…

一発屋として有名なのは、2001年に『Lifetime Respect』で大ブレークした三木道山だろう。「一生一緒にいてくれや」というフレーズが印象的な曲で、レゲエとしては異例のオリコン1位を獲得するほど人気だった。しかし「Lifetime Respect」以降の曲がヒットせず、徐々に世間から忘れ去られてしまうことに。そんな彼の現在はというと、〝DOZAN11〟という名義で、しっかり音楽活動をしている。

そして7月18日には、『音楽の日』(TBS系)に出演して、30代以上の世代から歓喜の声が。一時期は自律神経の乱れで、寝たきりの生活を送っていたというDOZAN11だが、アーティストとしても歌唱力やパフォーマンス力は健在だった。

14年にディズニー映画『アナと雪の女王』の日本版主題歌を担当し、一躍有名になったMay J.も〝一発屋〟と言えるだろう。この年に発表された楽曲『本当の恋』はドラマ『同窓生 ~人は、三度、恋をする~』(TBS系)に起用され、オリコンのシングル売り上げランキングでは6位を記録。しかし〝アナ雪バブル〟は長くは続かず、17年リリースの『母と娘の10,000日 ~未来の扉~』は同ランキングで55位に留まっていた。

とはいえ、彼女は今も精力的に活動しており、9月27日には〝VR配信ライブ〟を行う模様。瑛人も『香水』の一発で終わってしまったとしても、辛抱強くアーティストとしての活動を続けてもらいたいものだ。

【あわせて読みたい】