マツコ・デラックスが芸能界引退の可能性… 漏らしていた“弱気”発言

マツコ・デラックス

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

9月16日放送の『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)で、タレントのマツコ・デラックスの卒業が発表された。これにより、かねてウワサされていた芸能界引退が現実味を帯びてきたという。

これまでレギュラー出演を続けてきたマツコだが、この日は放送終了間際にテロップと音声で、「マツコ・デラックスさんは今日の放送でホンマでっか!? TVを卒業します 約10年間ありがとうございました」とだけ流れた。

いきなりの卒業もさることながら、番組内で卒業について全く触れない様子がさまざまな憶測を呼ぶことに。ネット上では、

《さんまもマツコもしみったれたのが嫌いだから番組内で花束とか断ったのだろうな。マツコらしい降板の仕方だよ。でも来る仕事はすべて断らないマツコが降板ってよっぽど何かあったのだろうな》
《アイドルの卒業じゃないんだからテロップ程度で良いわよって本人が言ったのでは??》
《もうちょっと何かあってもいいのでは……。マツコさんもさんまさんとのレギュラーは張り切ってたし》
《揉めたんだろうなあ。さんまさんではなく制作側と。誰もが律儀だと口をそろえるさんまさんの番組でこのサヨナラ扱いはそう感じざるを得ない》

などといった声が上がっている。

マツコ「この業界はあってもなくても一緒」

一方で、芸能界引退という声も聞こえてきた。

「彼女は以前から将来的な引退プランを口にしており、もとから〝生涯芸能界〟で生きていくつもりはありません。5月11日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)では、コロナ禍での状況について問われると、『普段からどんないいかげんな仕事してたんだろうと思って』『(世間の)みなさんは大変な思いをされているけども、この業界はあってもなくても一緒だってことが分かりましたよ』と、弱気な発言をしていましたね。マツコにとって、重要な番組の1つである『ホンマでっか』の降板は、何か裏があると思っていいでしょう」(芸能ライター)

まだ多くのレギュラー番組を抱えるマツコだが、他の動向が気になるところだ。

【あわせて読みたい】