『モニタリング』Snow Manのドッキリ企画に違和感「ヤラセ感ある」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

9月17日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)で『Snow Man』の渡辺翔太、岩本照、佐久間大介がドッキリ企画に参加した。3人のリアクションに対して、視聴者からは「ヤラセでは」と疑う声が出ている。

3人は激安物件を巡るロケと称し、廃墟の中に入った。これとは別にトリンドル玲奈、瑠奈姉妹には3人の存在を知らせず、同じ廃墟に潜入。番組サイドは同時並行で心霊現象にまつわるドッキリを仕掛けた。

『Snow Man』の3人に、居合わせた室内の電気が落ち、近くを白い服の女性が通り過ぎるドッキリを仕掛けると、3人は絶叫しながら腰を抜かすなど大きなリアクションを見せた。

さらに、トリンドル姉妹と渡辺が鉢合わせる仕掛けも。スタッフはあるフロアで、ともに白い衣装に身をまとった姉妹をピアノの前に座らせた。それまでドッキリを仕掛けられていた姉妹は、恐怖を紛らわそうとピアノを弾き始める。

ドッキリでトリンドル玲奈らと鉢合わせも…声かけず去る

同じフロアに、渡辺がベルを持ちながら向かうことに。それまで3人の中でもひときわ大きなリアクションを示していた渡辺だが、ピアノを演奏するトリンドル姉妹の後ろ姿を遠くから見つけると「何?何?どうしよう」と小声で怯え、ベルを鳴らしながらフロアを後にした。

最後にトリンドル姉妹、『Snow Man』の3人を鉢合わせさせる仕掛けでドッキリが終了し、ネタばらしした。『Snow Man』のファンは3人のリアクションを楽しんでいたが、この日も「ヤラセでは」との指摘が続出。渡辺とトリンドル姉妹が最初に鉢合わせした場面で、渡辺の行動が不自然だったという声があがっている。

《あれだけアメリカ人のコメディアンばりの動きしておきながら、中間でトリンドル玲奈と鉢合わせした時だけは、スッと静かに後退りするだけって都合良すぎる》
《あんな廃ビルで3人揃って大声で叫んだりベルをチリンチリン鳴らしてたら、普通響き渡ってトリンドル姉妹が気付かない訳ないだろ》
《トリンドル姉妹の反応薄すぎてヤラセやと思われそうwwww》
《見てたけどこれめちゃくちゃ有名な廃墟風スタジオやんけww一気にヤラセ感あるwwww》

反応が大きくても小さくてもヤラセだと疑われてしまうようだ。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】