結婚当時の夫婦合計年齢が130歳以上も…阿川佐和子の再婚報道から見えた芸能界の熟年結婚事情

agawa_sawako

エッセイストでタレントの阿川佐和子(63)が先日、都内で行われた「画業20周年記念 加山雄三絵画展」で加山雄三(79)とトークショーを行った。

阿川は6歳年上の元慶大教授と結婚の噂があることを報じられて以来、初めて公の場に姿を現した。加山から「おめでとうございます。教授とは長い付き合いなの?」と聞かれると、「何の話ですか?」ととぼけて見せた。さらに、加山の代表曲とかけて「『君といるときが一番幸せ』って教授は言ったの?」と聞かれたが、「うふふ」と笑ってかわしていた。

しかし、今回の件は幸せな話ばかりではないようだ。

「“結婚できない女”として知られていた阿川の結婚話だけに、めでたい話として取り上げられている。だが、相手の元妻と阿川は古い友人で、何年も前から友人の夫である相手と交際していた。3年前に離婚が成立したが、要は不倫の末の略奪だったと言われている」(芸能ライター)

ところで、もし現在の年齢で阿川が噂の相手と結婚すれば、69歳と63歳で合計131歳の熟年夫婦ということになる。さらに、芸能界には合計100歳超えで結婚したケースが結構ある。

「2013年に、65歳と50歳で結婚したのが布施明と森川由加里。2012年には、71歳と44歳で結婚したのが仲本工事と演歌歌手の純歌。2011年も、59歳と60歳で夏木マリと斎藤ノブが結婚している」(同・ライター)

彼らは合計120歳未満だが、合計120歳を超えている夫婦も3組いる。

「2015年に64歳同士で結婚したのが、桃井かおりと音楽プロデューサー。2009年にこちらも64歳同士で結婚したのが長塚京三とマネジャー。1999年に77歳と53歳で結婚したのが内海桂子とマネジャーです」(同・ライター)

最高齢は内海とマネジャーの合計130歳だが、阿川が結婚すればそれを上回ることになる。さて、どうなるか。

 

【あわせて読みたい】

※ 加藤綾子に10億円でプロポーズをした超大物芸人

※ なぜ?あの人に白髪がない本当の理由─Sponsored

深田恭子と亀梨和也が来春に結婚を強行へ

※ 新垣結衣の「恋ダンス」で再評価されたの長澤まさみの「Perfumeダンス」

※ コンサートを緊急中止して療養中のすみれの病状は?