スポーツ紙に健在ぶりを報じられた中森明菜だが周囲は不安を感じている

nakamori_akina

長期休業中だった歌手の中森明菜(51)が、コート姿にサングラスでスタジオ入りするところを、スポーツ紙が付きで報じて注目が集まっている。

「スタッフに笑顔で微笑んでいる口元が印象的でした。彼女の笑顔が見られたのは2014年の『NHK紅白歌合戦』のゲスト出演以来です。ファンには朗報だったことでしょう」(音楽ライター)

12月4日からは全国各地の有名ホテルでディナーショーを開催する。4万円以上するチケットはすぐに完売し、“歌姫”の人気の高さを証明した。

「明菜はいまでは全くメディアに姿を見せず、自身の新作の宣伝にも出てきません。ファンは、いま見ておかなければ、今度いつ見ることができるか分からないという不安が常にあるのです」(同・ライター)

一方で、無理をおしてディナーショーを開催する必要はなかったと指摘する意見もある。

「いまでも一定数の熱狂的なファンがいて、レコード会社にとっては安定した売り上げが期待できる存在です。ベスト盤でもカバーアルバムでも、作品をリリースすれば、確実に一定数のファンが買ってくれる。歌唱印税が日本で一番高いともいわれており、松田聖子でも足下に及ばないそうです」(レコード会社関係者)

今回のディナーショーの目的は、“ファンのため”としている明菜だが、少々不安なところもある。

「チケットが即完売したことを受け、明菜自ら『一人でも多くのファンにステージで恩返ししたい』と3公演を追加しました。さらに、機材スペース開放し、追加席として販売もしています。高額なチケット代の割には、見づらかったなんてことにならなければよいのですが」(イベント関係者)

明菜がファンを大切にすることは有名な話なため、これも一人でも多くのファンに喜んでもらうための対応だろうと想像される。ただ、どうしても懸念されることもある。2010年10月に発症した帯状ほうしんの病状だ。

「やはり最も心配されるのは体調面です。彼女の体調の悪さは、ここ何年も言われています。最後まで公演を全うできればいいのですが…」(同・関係者)

無事に最後までやり切ってもらいたいものだ。

 

【あわせて読みたい】

※ 加藤綾子に10億円でプロポーズをした超大物芸人

※ なぜ?あの人に白髪がない本当の理由─Sponsored

深田恭子と亀梨和也が来春に結婚を強行へ

※ 新垣結衣の「恋ダンス」で再評価されたの長澤まさみの「Perfumeダンス」

※ コンサートを緊急中止して療養中のすみれの病状は?