大麻“逮捕歴”がある意外な芸能人! 人気お笑い芸人から大物歌手まで…

伊勢谷友介

(C)まいじつ

俳優の伊勢谷友介が9月8日、大麻取締法違反の疑いで警視庁に逮捕され、日本中に衝撃が走った。9月11日放送の『バイキング』(フジテレビ系)ではこの話題を取り扱い、街頭インタビューでは、「芸能人ってそういうのをやってるイメージがあったので、『やっぱりな』って」という率直な意見もあがっていた。

これにお笑いタレントの土田晃之は「スゴく嫌な言葉。芸能人だから(ニュースバリューがあるので)報道されてるだけ」と反論。MCの坂上忍も「(薬物は)蔓延なんてしてないよね。ごくごく一部!」と同調すると、土田はさらに「芸能界も広いんでジャンルが違いますけど、お笑いで捕まった、(薬を)やってる奴なんて聞いたこともないし。過去に誰かいるのかな?ってくらい」と話していた。

錦野旦逮捕の真相は…

それでは、これまでに薬物で逮捕された芸能人をあげていこう。

土田はお笑い芸人にはいないとしていたが、田代まさしをはじめ、研ナオコ、モノマネ芸人のコロッケなどが問題になったことがある。

「研ナオコは1977年に大麻取締法違反で逮捕され、起訴猶予処分となり、半年間の芸能活動を自粛。コロッケも82年に大麻取締法違反で逮捕され、後に不起訴処分となりました。研は、2011年にツイッターユーザーから『薬物で逮捕歴のある人間に人を非難する資格などない』とリプライを受けると、『スイマセン、わたくし逮捕された事は一度もありません。気を付けて下さい』と反論していましたね」(芸能記者)

歌手の錦野旦は、1977年に大麻取締違法容疑で逮捕された。この際のことを18年1月放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)で告白。ある日、大麻を常用していた〝とある女優〟から、口元に大麻吸引のパイプを押し付けられ、後日、大麻所持で逮捕されたこの女優が「錦野さんに大麻を用意しろと言われた」と証言したという。これが原因で、錦野は女優から大麻を譲り受けた疑いにより大麻取締法違反容疑で逮捕され、後に不起訴処分となったようだ。

芸能界に蔓延しているように見える大麻。無関係の芸能人にとっては、とんだ迷惑だろう。

【あわせて読みたい】