フワちゃん“生放送”でガチギレ!? ドッキリ企画に不快感「放送事故…」

フワちゃん 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

ユーチューバーのフワちゃんが、9月20日放送の『うわっ! ダマされた大賞2020』(日本テレビ系)でドッキリに引っ掛かった。20回記念スペシャルとなった今回は、同番組史上初となる生放送。視聴者は、フワちゃんがドッキリに本気で怒りを示したのではと指摘している。

打ち合わせと称して同局内の控え室に呼び出し、室内でドッキリを仕掛けた。テーブルの上に消毒液を設置。テーブルの脚の強度を下げ、消毒液のポンプ部分を押すと、テーブルが崩れ落ちるように細工されている。

フワちゃんは入室するとすぐ、付き添いの人物に手を消毒するよう念を押された。控え室に1人になってすぐ消毒液に手を伸ばすと、あっけなくテーブルは崩壊。フワちゃんはテーブルに右ひじを打ち付けたのか、気にする素振りを見せる。そして、即座に入り口のドアを開けたが控え室周辺に人がいる気配はなし。入り口横にあったインターホンの受話器を取り、やや強めの口調で「ねえ!」と受話器の先に向かって話し掛けた。

真顔で「ちょっと待ってよ!」

スタジオの内村が電話越しに「『ダマされた大賞』です」とドッキリであることを知らせると、フワちゃんは苦笑い。フワちゃんは同番組にスタジオ出演すると知らされていたが、既に番組が進行中と知らされると「え!今(テレビに)流れてるの?」と驚き。隠しカメラの存在に気付かなかった様子で、「ちょっと待ってよ!せめてカメラマン(が)突撃しに来てよ! 何なの、電話で!」とまくし立てた。その後もフワちゃんは真顔で受話器に叫び続けたが、内村は「見事大成功でした!」とまとめて電話を切った。

視聴者は一連のドッキリを楽しんでいたが、フワちゃんが本気で怒っていたと推察する声も上がっている。

《怒ってるふうに見えるけどそれが雑なドッキリされた側のリアクションとして普通なのに、それを笑う日本の番組》
《フワちゃんキレてんじゃん笑笑》
《フワちゃん結構ガチでキレてなかった…??》
《フワちゃんキレてるようで我が家は盛り上がることはなかった》
《フワちゃんちょっとキレ気味で草》
《フワちゃんのガチギレが生放送で流れてしまうという放送事故…》

フワちゃんにも怒りの感情はあるようだ。

【あわせて読みたい】