『半沢直樹』大和田常務の“写真フォルダ”にドヨメキ!「これは萌える」

半沢直樹 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

9月20日、堺雅人主演のドラマ『半沢直樹』(TBS系)の第9話が放送された。ネット上では、香川照之演じる大和田常務の〝写真フォルダ〟にドヨメキが起こったようだ。

『東京中央銀行』のバンカー・半沢直樹(堺)が、銀行内で行われていた数々の不正を明らかにするも、出向を命じられるという衝撃の展開で最終回を終えた前作。今作は、その半沢が出向先の『東京セントラル証券』で大奮闘。理不尽な要求を突き付ける相手に見事な〝倍返し〟を食らわし、ついに東京中央銀行へと返り咲いた。

第9話で半沢は、政権与党の箕部幹事長(柄本明)と銀行内の裏切り者・紀本常務(段田安則)の関係を探っていく。その中で、大和田が何らかの重要書類を隠し持っていることに感付いた。

半沢は大和田のもとを訪れ、それらの書類を見せるよう要求する。大和田は一時は拒否するものの、半ば半沢に脅される形でシブシブ書類を見せることになった…。

「一時停止してじっくり見てしまったww」

書類の原本はなく、大和田はスマートフォンで書類の写真を撮って保管していた。そこで大和田はスマホの画面をモニターに大きく映し出し、半沢に開示。半沢は写真フォルダをスクロールして閲覧していった。

このシーンで視聴者は、〝書類以外〟の写真に注目。大和田の写真フォルダの中には、猫の画像や、香川照之が好きだと公言している昆虫の画像が入っており、それらが一瞬映っただけで、ネット上では、

《大和田さんのカメラロールに猫ちゃんや虫さんいて和む》
《猫ちゃん好きなのね????かわゆい》
《一時停止して、大和田さんのフォルダをじっくり見てしまったww》
《大和田さんのプライベートを知りたい…》
《大和田のフォルダ、香川さんのフォルダなのでは?w》
《最初は猫に気を取られてて他の写真見れてなかったからあらためて確認したけど謎フォルダ過ぎないか??》

など、大盛り上がりとなった。

第2シーズンでは、とことん〝萌えキャラ〟になっている大和田常務。最終回ではどんな萌えポイントを見せるのだろうか。

【あわせて読みたい】