『東大王』ヒロミ&山里が不在の芸能人をイジりまくる「ディスるのやめて」

ヒロミ 

(C)まいじつ 

9月23日に生放送された『東大王』(TBS系)で、MCのヒロミと『南海キャンディーズ』山里亮太が、この日出演しなかった芸人を「ディスった」として話題になっている。

この日は、視聴者から選抜された12人と東大王チームが対戦する形式。難読漢字の読みを答える「難問オセロ」では海の生き物が漢字で出題されたが、最強視聴者チーム、東大王チームともにスラスラと答えていった。

視聴者チームの男性は「海狗」を選択。ためらうことなく「オットセイ」と正解を出すと、山里は「早いし、(正しく)答えるし…」と感心する。ヒロミは「すごいな、みんな。さらっと読むな。芸能人、ためるもんね。読むのにね」と、普段東大王チームと対戦する芸能人は答えるまでに時間をためがちだと指摘した。

『ロザン』宇治原史規と比較し「無駄にためるから…」

別の男性塾講師が「針魚」をあっさり「サヨリ」と答えると、山里は「早い早い、ウソでしょ!」と小声で驚きを口に。男性が答える早さを形容しようと、クイズ番組に多く出演し、『東大王』への出演経験もある『ロザン』宇治原史規の話を持ち出した。

山里は「宇治原さんだったら、あと10秒ためてましたよ…」と、宇治原は答えるまでが長いと揶揄。周囲から笑いが漏れる中、ヒロミは「宇治原は無駄にためるからね…」、山里は「そうなんですよ。分かってきましたね。最近」と口に。山里、ヒロミとクイズを見守った伊沢拓司は「あれが(宇治原の)メソッドです」と茶目っ気たっぷりに答えた。

突然漏れた宇治原への「陰口」に対して批判する声も一部あったが、視聴者はおおむねヒロミらの「ディスり」を楽しんでいたようだ。

《司会者 生で宇治原をディスる》
《唐突に宇治原さんいじられてて草》
《あのー山ちゃん、生放送でここにいない宇治原くんディスるのやめてもらっていいすかね》
《生放送で宇治原の尺イジられとるwww》
《出演してないのにディスられる宇治原さん》

『東大王』では、出演するたびに失敗を繰り返している宇治原。次回はヒロミ、山里を見返せるだろうか。

【あわせて読みたい】