華原朋美に圧力!? メディアも報じない闇…「マジで怖い」

華原朋美 

(C)まいじつ 

歌手の華原朋美が9月23日深夜、自身のYouTubeチャンネルに新しい動画を公開。友人でヴァイオリニストの高嶋ちさ子と、先月まで所属していた『プロダクション尾木』の尾木徹社長に謝罪したのだが、その〝異様な雰囲気〟に、ネット上ではさまざまな憶測が広がっている。

コトの発端は、9月11日発売の週刊誌『FRIDAY』で報じられたベビーシッターによる長男への虐待疑惑。高嶋から紹介してもらった70代のベテランシッターが華原の留守中、長男の両脚をつかみ、〝逆さ吊り〟をしていたことが発覚。しかし高嶋は「これを虐待と取るのだとしたら、おかしいよ」と、心配する華原を逆に批判したという。

そして、23日の深夜2時頃にアップされた30秒ほどの動画で華原は、高嶋と尾木社長に謝罪。「私の勘違いであり、そして、虐待ではありませんでした」「ものすごく反省しております。大変申し訳ございませんでした」と泣きながら謝った。

木下優樹菜のタピオカ恫喝事件を彷彿?

しかし、これまで一貫して虐待を訴えていただけに、いきなり自身の〝勘違い〟と謝罪するのは不自然。また、普段の動画では、自宅でほぼすっぴんで自撮り撮影していたが、この動画では誰かに撮られているような様子もあるため、ネット上では

《えっ、怖いんだけど… 何かものすごい圧かかってない?》
《あれ自撮りじゃないよね? あの時間に誰かが撮影してYouTubeにあげるってめちゃめちゃ闇感じたわ》
《脅されてるように見えて不愉快。缶ジュース置く音するし、カメラブレブレだし、マジで怖い。ともちゃんもおびえてない?》
《本当に反省しての涙というより、謝罪させられてることへの悔しさが出た表情に見えてしまう》

などと、心配する声が多くあがっている。

「高嶋と華原の件は、ネット上でトップニュースになるほど大事になっているにも関わらず、テレビでの取り扱いはほとんどありません。これは、木下優樹菜の〝タピオカ恫喝事件〟の初期の頃のようですね。一体どのような事情があるのでしょうか…」(ネットメディア編集)

いろいろと闇深い問題であることは確かなようだ。

【あわせて読みたい】