『ヒルナンデス』岩田絵里奈アナの“超ミニスカ&パイスラ”コーデに大興奮!

お笑い界ではタモリに並ぶ人格者の大御所として知られ、1億3000万の全国民から愛されていると言っても過言ではない『ウッチャンナンチャン』の南原清隆。彼がMCを務め、日本中に元気と笑いを届けている『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に、珍しく興奮の声が続出した。

話題となったのは9月22日のオンエア。この日は人気コーナー「格安コーデバトル」が放送され、豊田順子アナウンサーと岩田絵里奈アナウンサーによる日テレ女子アナ対決が行われた。

54歳の豊田アナと25歳の岩田アナという、倍以上も年の離れた対決となった今回。しかし、テーマは「彼とクレープ片手に原宿デート」というなんとも若々しいもので、奇跡のアラフィフモデル・五明祐子は、岩田アナに「若さ全開コーデ」を提案する。

岩田アナが手にとったのは、ニットとブラウスが切り返しのレイヤードになっているドッキングトップス。カジュアルながらキレイめのかわいらしいアイテムは、女子大生のような一着だ。

フレッシュな生脚&パイスラコーデ!

そしてボトムスに選んだのが、ボーイスカウトの短パンほどの丈しかない超ミニスカート。履けば下着はおろか、具まで見えてしまいそうな超ミニに、岩田アナは「これですか!? この丈!?」「下履いてないみたいになりません!?」と超パニック状態に陥ってしまう。

しかし実際に着用すると、太ももからスラリとした脚が伸び、なんともたまらない眼福の光景に。若さ全開コーデのためフレッシュ感も半端ではなく、合コンならば1番人気といったオーラだ。

極めつけは、ミニショルダーバッグの紐が胸の間を通り、見事な〝パイスラ〟が完成。上から下から攻めに攻めた鼻血モノの姿に、視聴者からは

《岩田アナの生脚と聞いて録画開始》
《丈の短いスカートが勇気がいるのは分かるけど、これはこれであり(笑)》
《可愛いやん 田舎から原宿に遊びに来たお嬢様みたい》
《こんなん絶対アレしてまうやろ…》

などの声が続出した。

生クリームのクレープを頬張る姿も、白いモノが口の中に広がる隠喩に見えてしまいそうだ。

【画像】

nudethaimodel / Shutterstock

【あわせて読みたい】