『東大王』MC山里亮太の“えこひいき”に批判集中「虫唾が走るレベル」

山里亮太 

(C)まいじつ 

9月23日に放送された『東大王 生放送3時間SP』(TBS系)での『南海キャンディーズ』山里亮太の発言に、視聴者からの批判が寄せられている。

記念すべき100回目のオンエアとなったこの日は、視聴者参加型企画が放送された。予選を勝ち抜いた視聴者とリモートを繋ぎ、決勝まで勝ち抜いた12名が東大王チームと対決。3000名以上の参加者から勝ち上がった12名とあって、東大生相手でも不足はない激戦を繰り広げていく。

普段は回答できない芸能人をディスる場面も目立つ山里だが、視聴者チームが一般人のためか、この日は優しいコメントを連発。両チームの健闘ぶりを称える進行をするのだが、後半になるにつれ、東大王チームに肩入れするムードが漂っていく。

その雰囲気はもはや「えこひいき」と言えるほどで、番組が進むに連れどんどんとヒートアップ。ラストの早押し問題では、東大王チームに回答権が無くなった際「マックスまでいって分かんないとかないかな!?」と、視聴者チームの不正解によるドローを狙う発言まで飛び出した。

視聴者チームに「思い出さないで!」とまで…

その後も山里は「分かんないパターンじゃない!?」と、視聴者チームの不正解を期待するようにコメント。いざボタンが押されたときには、「思い出さないで!」と、ドローに終わる願望を隠そうとすらしていなかった。

MCにもかかわらず一方に肩入れしたこの仕切りに、視聴者からは

《山ちゃんのえこひいきMCが虫唾が走るレベルで酷い》
《MC完全に東大王サイドで草生え散らかしたわ》
《山ちゃん東大王サイドひいきするの口に出していうのどうなんよ 嫌いになったわ》
《山ちゃんの東大王推しがひどくない?w》
《MCが全然中立じゃねーじゃん》
《山ちゃん東大王チームに勝ってほしいのはわかるけど「思い出さないで!」はひどい笑》
《山ちゃんのがっつり東大王びいき》

などの感想が続出。司会者らしくない司会で、批判を浴びてしまったようだ。

毎回変わる対戦相手に対し、ほぼ固定メンバーで組まれている東大王チーム。共演機会が多いだけに、感情移入してしまっているのだろうか。

【あわせて読みたい】