『とくダネ』山口達也の自宅を晒して大炎上!「メディアリンチ」「怖い…」

山口達也

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

9月24日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)では、飲酒運転で逮捕された元『TOKIO』の山口達也について特集。その中で山口の自宅を取り上げる一幕があり、ネット上で批判の声が続出している。

2018年、女子高生への強制わいせつが原因で、ジャニーズ事務所を退所した山口。女子高生に無理やり酒を勧めたことや山口自身が泥酔していたことから、巷では〝アルコール依存症〟が事件の原因なのではないかと噂されていた。事件以降、表舞台から姿を消した山口だったが、9月22日の午前9時半頃に飲酒をしている状態でバイクに乗り、信号待ちをしている車に追突。再び警察のお世話になってしまい、不名誉な理由でその名を改めて世間に晒したのだった。

各所で連日報じられている〝山口達也の飲酒運転〟だが、なぜか『とくダネ!』は山口の自宅の間取りを紹介。「見えてきた単身生活」というテロップと共に、「家賃8万前後」「都内の賃貸マンション」「間取り:1K」などといった山口の個人情報が明かされていく。また、マンションの住人からの「見かけたことはない」「近所付き合いほとんどなし」というコメントや室内の間取り図も取り上げられていた。

踏み込んだ放送内容に批判殺到!?

『とくダネ!』の踏み込んだ放送内容に、ネット上では、

《三浦春馬さんが亡くなった時もだけど、山口くんの自宅の情報出てるの怖くない? 芸能人には個人情報への配慮とかしなくていいの?》
《『とくダネ』もやるニュースないのかね? 山口達也がどんな部屋に住んでようが別に報道する意味が分からないし、そんなの知りたいとも思わない》
《孤独も酒も1Kのマンションも悪くない。酒を飲んで運転した山口が悪いだけ。紹介するなそんなもん》
《間取りまで公開するなんてメディアリンチだよ!》
《そっとしておいてあげなよ。山口以外にも飲酒運転なんてくさるほどいるでしょ》

などと苦言を呈する人が殺到。事件とは関連性の低い自宅情報の公開には、さすがの視聴者も違和感を覚えたようだった。

SNSが発展し、個人が特定しやすくなった現代社会。しかし元「TOKIO」のメンバーとはいえ、既に一般人である山口の個人情報をここまで晒していいものだろうか。ファンが彼の自宅に押しかけるようなことにならなければよいのだが…。

【あわせて読みたい】