手越祐也“YouTube”大ピンチ!? 山口達也にエール送るもオワコン状態か

手越祐也 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

元『NEWS』の手越祐也が9月24日、自身のYouTubeチャンネルを更新。22日に酒を飲んでバイクを運転し、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕された、元『TOKIO』山口達也容疑者について言及した。

手越は『【緊急】山口達也さんの件で問い合わせが殺到しています』というタイトルで動画をアップ。以前から、日本の農業を支援するプロジェクト手越村の構想を立てていたこともあり、「DASH村」で農業経験のある山口容疑者に対し、「僕の思いとして山口さんには、いまだに何か、特に農業という部門で力を貸していただきたいっていうのは変わってないです」とラブコールを送っている。

また、山口容疑者の報道に関して、「酒気帯び運転してしまったこと、そして事故を起こしてしまった事実は消せません。ですが、社会の皆さんが許してくださることを前提としつつ、もし山口さんが心も体もリフレッシュして、『手越に力貸してやろうかな』とか、『元後輩の手越がいろいろ言ってるけど、楽しそうだし、人助けできるかもしれないな』と思っていただけるのなら、僕はまたどこかで山口さんとご一緒したいです」と語った。

ネット上では、手越のアツい言葉に、

《日本中から誹謗中傷を受けて精神的に追い込まれている中で、こういう身内の支えは大きな心の拠り所になると思う》
《山口さんを救ってあげてください。農業で忙しくしてれば、お酒より集中できて、健康にもなれそうだし》
《もう彼はTOKIOに戻れないし、芸能界も受け入れてくれないと思う。手越くんが彼と一緒に農業やボランティア活動をしてYouTubeで活躍してほしい》
《山口くんの農業をやっている、元気な姿をまた見たいです。手越くんの力で山口くんを助けてあげてください》

など、賛同の声が上がっている。

他人を心配している場合じゃない!?

しかし、そんなアツいの思いとは裏腹に、自身を取り巻くさまざまな問題からも目が離せない。

「ジャニーズ事務所の後輩として、精一杯のエールを送った手越にファンは沸いていますが、実際はそれどころじゃないでしょうね。頼みの綱のYouTubeも当初は100万回以上の再生数を誇っていましたが、最近は数十万回しか再生されず、衰退気味です。本人も危機感を覚えたのか、23日には人気ユーチューバー・ヒカルを招き、コンサルティングを依頼しました。また、『週刊新潮』9月24日号では、衆院議員の秋元司被告による〝カジノ証人買収犯〟とツーショットを撮っていたことを暴露され、非難の声が殺到しています。まずは自分に降りかかっている火の粉を払うのが先決でしょう」(芸能記者)

アツい男気を見せた手越だったが、山口容疑者にしてみれば、すんなり身を任せるには心もとないと感じているかもしれない。

【あわせて読みたい】