『乃木坂46』に蠢く不満分子…白石麻衣卒業後に訪れる“崩壊”の危機

エース・白石麻衣が卒業する『乃木坂46』に〝崩壊〟の予測が出ている。不満分子が一気に増殖中だというのだ。

「2011年8月から活動開始ですから、今年で10年目に突入しています。白石が卒業するというのは、柱を失うようなもの。そろそろホコロビが出ても仕方ないでしょう」(芸能ライター)

白石は来る10月28日に卒業することが決定。次期エースは誰かということになるが、齋藤飛鳥にほぼ決定しているともっぱらだ。

「白石と同じ第1期生ですし、白石推しもあるといいます。飛鳥のセンターは間違いないでしょう。でも、彼女は最近、『集団生活が苦手』などとアイドル誌でも語っています。どうも飛鳥のトップには違和感を持つ者が多いようですね」(同・ライター)

齋藤は〝クールキュート〟と呼ばれるが、

「悪く言うと、かわいいけれど無愛想。存在感は認められていますが、あまり人望がないのです」(同)

不満くすぶる“準エース”たち…

齋藤をオモシロク思っていない筆頭は、エースの座を争った生田絵梨花だといわれている。

「生田の写真集『インターミッション』は、齋藤の『潮騒』より売り上げが全然上です。白石の次に写真集を売ったのですから、生田としては不愉快でしょう」(アイドル雑誌編集者)

今、齋藤は、生田、遠藤さくらとともに、カップ麺のCMに出演中。その遠藤も生田と同様、不満をくすぶらせているという。

「遠藤は第4期生でグッと若いのに、すでに準エース級の立場。美形で評判の山下美月、小柄巨乳でグラビア人気の与田祐希は、遠藤の重用を納得していないとウワサされています。遠藤がトンデモない美少女というわけでもありませんから、話がヤヤこしい」(同・編集者)

山下、与田とも第3期生で、遠藤の先輩格。遠藤推しは許し難いものがあるのかもしれない。

「白石と同じ第1期生、愛嬌のある顔で人気の秋元真夏は、有終の美としてエースの座を期待していました。まさか遠藤の後塵を拝す形になるとは思わなかったでしょう。真夏はこの9月、ラジオ番組で〝アイドル卒業制度〟を批判していました。辞めるつもりはないようです」(前出の芸能ライター)

何はともあれ、白石を失った後の乃木坂が心配だ。

【あわせて読みたい】