まるでT.M.Revolution! 国立大グラドル・片瀬美月の変態水着が「エロ格好いい」

横浜国立大学在学中のFカップグラビアアイドル・片瀬美月のツイッターが注目されている。

9月20日、片瀬は多くのアイドルとともに、水着撮影会イベント『フレッシュスペシャル大撮影会 in 川越プール』に出演した。撮影会ではさまざまな水着を着用し、ツイッターにはオフショットも多数アップ。終了後には《来てくれたひとほんとにありがとうございました》《雨、、、?? なんかちょっとだけ降ったみたいですけど(他人事) 総じて楽しかったです!! 陳謝!!》とつづり、水着姿の画像も公開している。

同ツイート後には、共演したグラドルとの自撮り画像をぞくぞくとアップロード。そして翌日の夜には、イベント後に投稿した画像の別ショットを2枚あげたのだが、これが3000件近くの〝いいね〟を獲得する桁違いの反響を得たのだ。

変態デザインに反響

要因となったのは、セクシーながらも奇抜だった水着のデザイン。同水着は腹部から下半身にかけてリボン状に布が広がっているのだが、片瀬はこれを《見る人みんなにHOTLIMITって言われる》と、『T.M.Revolution』の楽曲『HOT LIMIT』の衣装にたとえたのだ。

この絶妙な比喩がウケた結果、上記のような反響の数字が現れることに。リプライでも

《同じこと思ってる人がいて安心した笑》
《コンセプトそれじゃないんだwww》
《エロ格好いい》
《若干プレゼント感もありますよねw》
《夏を刺激する妖精ですね!》
《生足魅惑のマーメイドですね♪》
《こんな衣装で誘惑されるようなグラビアDVDを観れたら天国行きです泣》

など、様々な反応が寄せられたのだった。本人によると、この投稿でフォロワーが250人ほど増加したらしい。

国公立大学の物理学専攻という才女な片瀬。絶妙なたとえが湧くのも、頭の良さゆえなのだろうか。

【画像】

nudethaimodel / Shutterstock

【あわせて読みたい】