川越シェフがイケメン俳優そっくりに!?「田中圭みたい」「雰囲気変わった」

川越達也 

(C)まいじつ 

9月26日放送の『お願い!ランキング 秋の美食アカデミー2本立てSP』(テレビ朝日系)に、料理人の川越達也氏が出演。その風貌について、一時期ブームとなったときよりも「爽やかになった」「田中圭に似てる」と、ちまたで評判を呼んでいる。

今回の企画は、「大手コンビニ&ラーメンチェーンVS美食家」と題し、斉藤美穂氏、名雪寛己氏、向井聡美氏など、そうそうたる料理人たちが〝美食家〟として、『ファミリーマート』や『幸楽苑』といった、なじみ深いチェーン店の商品をジャッジするというもの。

川越氏は美食家の一員として出演し、辛口ながらも時折、かの〝川越スマイル〟を浮かべ、明確な言葉で評価をしていった。

「東京・代官山に高級イタリアン店を構え、2013年にはイケメンシェフとして一世を風靡した川越シェフ。しかし、グルメ評価サイトに投稿された〝800円の水〟が不服だというレビューに、『年収300万、400万の人が高級店に行っても味は分からない』と反論して大炎上。その後、メディアの仕事を断るようになり、長野県で子育てに奮闘していたといわれています」(芸能ライター)

そんな紆余曲折がありながらも、川越氏は昨年末から同番組に復帰。その理由については、あるインタビューで「皆さんに僕を認知していただいた番組」と語っており、どうやら恩を感じてのことであったようだ。

「実質、田中圭じゃね?」

「ブーム時は染髪にパーマの〝チャラ男〟風だった髪型も、今は控えめの色味でしっかりおでこを出した〝誠実〟スタイル。味を評価する際の言葉選びも、分かりやすいと評判です。復帰が決まった際には、ブランクを心配する声もありましたが、杞憂だったようです」(テレビ誌ライター)

視聴者からは、川越氏の近影について、

《久々に見たねぇ。 チャラっとした雰囲気が無くなった?》
《再放送なの?ってくらい歳取ってなくてすごいんだけど》
《この人、全然変わんないなぁ》

などと称賛の声が続出。また、

《なんか雰囲気変わったねー。見た感じや話し方田中圭みたい。》
《川越シェフ久々に見たけど、実質田中圭じゃね、顔》

などと、今を時めく俳優・田中圭と合わせ鏡のようだという声も多くあがっている。

田中の飛躍的な活躍同様、再び時代が川越氏を求めるかもしれない。

【あわせて読みたい】