『とくダネ』小倉智昭が特大ブーメラン! ネット民に怒り心頭も自分は…

小倉智昭 

(C)まいじつ 

9月29日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、メインキャスターの小倉智昭が正義感を見せつけた。しかし、その行動が矛盾しているようだ。

今回番組で取り上げたのは、歌舞伎俳優・中村獅童への誹謗中傷。女優の竹内結子さんが急死したことから、前夫の中村のインスタグラムに、心無いコメントが多く寄せられているという。

この報道に小倉は「腹が立っている」と怒りを露わに。そして、現在の妻との間にできた子どもの写真を投稿した中村が非難されている現状を、「獅童さんには今の生活がある」と一喝。「お子さんのことをインスタグラムで出しても、それは全然まずいことじゃないし、ご本人がよしとしてやっている」と意見を述べた。

このコメントに、視聴者からは

《獅童さんとは何年も前の話、それを蒸し返して傷つけるとは気持ち悪い》
《これ小倉さん言ってることがもっともだと思う。獅童さんは本当関係ないよね。お互い再婚して、お互いの家庭をもってるわけだから》
《離婚したのは10年以上前、「10年一昔」ということわざがあるように、中村さんはもう関係ないでしょ》

など、共感の声が続出。この期に及んで、竹内さんの話題で、前夫のことを取り上げるべきではないとする意見が多くあがっている。

一方で24時間前の小倉は…

しかし、この前日の『とくダネ!』で、竹内さんについて取り上げた際、小倉は竹内さんにインタビューした過去を回顧。そして「(その頃は)私生活では中村獅童さんと離婚の話が出ていたんです」「プライベートの話も聞いてもいいですよ、と関係者から言われたので、本当に獅童さんやお子さんのことを聞いたんです」と、今回の話題にまったく無関係な、離婚寸前だった当時のエピソードをぶっこんでいた。

そして、このコメントがネット上で

《ここでまた中村獅童さんの名前を出すのはどうかと思う》
《双方に新しい家族がいて、かつお蔵入りのインタビューのことを話してしまう人間性が信じられない》
《もう元旦那の名前出す必要ないじゃん》

と大批判を浴びていたのだ。

自分を棚にあげて他者を猛烈に批判した小倉。この堂々たる態度こそ、長年キャスターを務められる秘訣なのだろうか。

【あわせて読みたい】