高嶋ちさ子“逆さ吊り騒動”スルーで大炎上「きちんと説明してください」

(C)Ollyy / Shutterstock 

ヴァイオリニストの高嶋ちさ子が9月28日、自身のインスタグラムを更新。長野で開催されたコンサートの様子を報告した。

高嶋は《昨日から引き続き今日もコンサートをすごく楽しく聴いてくださっているのが分かって、こちらもうれしかったです。長野のお客様反応が良い!》などと投稿し、観客の反応が上々だったことにご満悦の様子。

しかし、そんな観客の反応とは裏腹に、コメント欄はバッシングが飛び交う大荒れ状態になっている。原因はもちろん、歌手・華原朋美が号泣謝罪したベビーシッターによる〝虐待疑惑〟だ。

「9月11日発売の『FRIDAY』にて、華原の息子がベビーシッターから虐待を受けていると報じられました。記事では、哺乳瓶をくわえたままの長男がシッターに両足をつかまれ、逆さ吊りにされていたと説明があったため、非難の矛先はシッターを華原に紹介した高嶋に。しかし高嶋は、『これのどこが虐待なの? うち(の子)もこれ大好きでいっつもやってもらってた。これを虐待と取るのだとしたら、おかしいよ』と完全否定したことで、大炎上に発展。また、虐待被害を訴えていた華原が突然、自身のYouTubeで号泣謝罪をしたことで、高嶋サイドから何らかの〝圧力〟がかかったのではないかという疑惑の声が。高嶋はこの件についてスルーを決め込んでおり、説明を求める声が高嶋のインスタグラムに投げつけられているのです」(芸能記者)

高嶋ちさ子には説明責任がある!?

実際に、彼女のインスタグラムには、

《人の気持ちが分からない人に音楽を奏でてほしくないです。きちんと説明してください》
《友達として大事にしていた人が傷ついても、ほったらかし… 寄り添ったり、理解しようとすらしない… そんな人が奏でる音楽を聞いて何になるのか…》
《乳幼児へ虐待とも取れる行為を肯定する人は信じられない。朋ちゃんの気持ちを考えるとマジで許せないわ》
《何かコメントはないのですか? あぜんとします。信じられません。双方のファンに説明すべきだと思います》

など、非難の声が殺到している。

現在、華原のYouTubeチャンネルは9月23日に謝罪動画を投稿して以来、更新がストップしたままで、ファンからは心配の声が寄せられている。あれだけ切実に虐待を訴えていた華原が、謝罪したことに違和感を抱いた人も多かったに違いない。これだけ世間を騒がせた以上、高嶋にはきちんとコトのいきさつを説明する責任があるように思えるのだが…。

【画像】

Ollyy / Shutterstock

【あわせて読みたい】