安藤美姫の一人称に賛否!「本当にイタい」「矢沢永吉もそうじゃん」

安藤美姫 

(C)まいじつ 

フィギュアスケート元世界女王の安藤美姫が、9月29日放送の『ヒルナンデス』(日本テレビ系)に出演。一人称が〝美姫〟だったため、賛否を呼んでいる。

この日、安藤は人気コーナー「格安コーデバトル」に登場。社会人野球『茨城ゴールデンゴールズ』の監督・片岡安祐美と対決した。安藤は、モデルでユーチューバーの古川優香とタッグを組み、コーディネートを作り始めることに。その際、安藤は自分のことを〝美姫〟と呼んでいた。

その様子を見た視聴者からは、

《やっぱり安藤美姫は苦手…。32歳で一人称が美姫だもんな…》
《安藤美姫って、あの年で一人称自分の名前なの?》
《安藤美姫の一人称が美姫で、ギャグで言ってんのかと思ったら、マジだったので震えてる》
《せめてテレビの前では、一人称は「わたし」にした方がいいと思う》
《自分の名前一人称にしてる女の子は、せめて高校卒業までに矯正すべき。大学にそういう女いるけど、本当にイタい》

など、ツッコミの声が殺到している。

30歳オーバーで名前呼びはアリ? ナシ?

しかし一方で、

《美姫ちゃん、いつまでも一人称が「美姫」で、本当に本当に本当にかわいい。いつまでもそのままの安藤美姫でいて》
《安藤美姫の一人称が下の名前でたたかれてるけど、私なんか最近もっぱら「おかあさん」だぞ。その方がよっぽど怖いだろ、よく考えたら意味分かんねぇ》
《安藤美姫さんに対して「年齢的に一人称は」とか「32歳にもなって」とか言ってる人チラほら見るけど、年齢ボーダーはないし、自分のことを一人称呼びしてても誰にも迷惑掛けてないのになぜ?》
《一人称が自分の名前なのは、別にいいんじゃない? 矢沢永吉もYAZAWAって呼んでるじゃん》

などといった好意的な声も。

今回の『ヒルナンデス!』では、古川のアドバイスを邪険に扱ったことでも炎上している安藤。テレビ向けに飾らない、ありのままの姿をこれからも見せてくれるかもしれない。

【あわせて読みたい】