アンジャッシュの“すれ違いコント”はパクリだった! 児嶋の告白に驚き

アンジャッシュ 児嶋一哉

(C)まいじつ (C)まいじつ

9月27日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)にて、『アンジャッシュ』児嶋一哉が、コンビの代名詞となっている〝すれ違いコント〟が、他人のパクリだったことを明かした。

この日はトピックスとして、『サンドウィッチマン』富澤たけしとピン芸人・おばたのお兄さんのネタが被ったことを取り上げた。韓国の音楽プロデューサーで歌手のJ.Y.Parkを元にしたコントなのだが、被ってしまったおばたは富澤に対して「あのネタ、僕に下さい!」と懇願。これに富澤が、今回のことはパクリなどではなく純粋な被りだったとフォローしつつ、おばたにネタをあげることを認めた… という話題だ。

するとこの話題にのって児嶋が、『アンジャッシュ』が〝すれ違いコント〟を始めたきっかけを告白。『ネプチューン』名倉潤がまだ『ジュンカッツ』というコンビを組んでいたころ、別々の公衆電話に入っている2人の会話が、絶妙にリンクしているコントを披露していたという。このスタイリッシュなネタに児嶋は感銘をうけ、同じようなコントをやり始めたという。そして「今思えば完全にパクリです」と告白するのだった。

『EXIT』もパクリ漫才

この暴露にネット上では、

《なんだアンジャッシュ発祥じゃなかったのか》
《芸術はほぼすべて模倣をアレンジしたものよ》

といった声があがっている。

「実は、チャラ男漫才でブレークしている『EXIT』もパクリを公言しています。兼近大樹がお笑いコンビ『ちゃらん婆』のネタを見て、『これ本気出せば、このキャラで戦えるな』と思い立ち、相方りんたろー。を誘って今の漫才を始めたというのです。『ちゃらん婆』は『マジで瞬殺で抜かれました』と自虐しているのですが…」(芸能記者)

パクリでブレークしたのなら、使用料くらい払ってあげてほしいところだ。

【あわせて読みたい】