『テレ東音楽祭』ASKA“異常な声量”で口パク疑惑が…「次元が違う」

ASKA 

(C)まいじつ 

歌手のASKAが9月30日放送の『テレ東音楽祭』(テレビ東京系)に出演。スタジオに美声を響かせたものの、そのアクションの大きさから「口パクなのではないか」と疑われる皮肉な事態となっている。

ASKAは『歌になりたい』『はじまりはいつも雨』の2曲を披露 。『はじまりはいつも雨』の歌唱前にはインタビューにも応じ、同局系の『世界!ニッポン行きたい人応援団』と、世界各地で活躍する日本人の姿を追う『ナゼそこ?』がお気に入りの番組だと口にした。

また、『はじまりはいつも雨』の思い出も口に。CMソングとして「15秒だけ作ってくれ」と依頼があったというが、ASKAは曲に手応えを持っていたそう。急きょシングル化を依頼されたが、すでに準備ができていたとのエピソードを披露した。

マイクと顔の距離が「離れ過ぎ」と指摘

この日、快活なトークを披露したASKAは『歌になりたい』で、時折マイクから顔を背け、体を大きく揺らして身振り手振りを交えながらしっとりと熱唱。『はじまりはいつも雨』ではマイクから顔をかなり遠ざけて歌う場面も見られた。

視聴者は、62歳を迎えた今もASKAの歌声は全く衰えていないと絶賛。一方、ASKAの口とマイクとの距離が離れ過ぎているとの指摘も一部あった。

《う~ん、ASKA、口パクか?マイクから離れすぎ》
《ASKAの声量が凄いって?ただの口パクにしか見えなかったのですが》
《あんな後ろ振り向いたり、ニワトリなみに首動かしてるのにずっと同じ声量で聞こえるはずなくないか?》
《ASKAやってるねwシャドーボクシング並みに体揺すってるしw口パクだろw》

しかし感度の良いマイクを使っていれば、顔とマイクの距離が離れていても音声には影響しないとする意見もある。

《もっと離れてる時もあるから》
《コンサートではもっと離れてるよ》
《ASKAは昔からずっとこのスタイル、だからマイクも感度の良いコンデンサーマイク(MMK 965?)使ってるし》
《昔からあんな感じ。生で聴くとガッカリな人たちとは次元が違うのです》
《ASKAさんのマイクはダイナミック型だけど特注コンデンサーマイクだから正対しなくても広範囲で拾うんですよー!》

口パクを疑われるほどの声量を持つということだろう。

【あわせて読みたい】