『ホンジャマカ』石塚英彦の“食レポ”に酷評の嵐「せっかくの肉が…」

石塚英彦 

(C)まいじつ 

『ホンジャマカ』の石塚英彦が、10月4日放送の『日テレ系人気番組No.1決定戦2020秋』(日本テレビ系)に出演。番組内で食レポを披露したが、その食べ方に視聴者から呆れ声が続出している。

番組内の『ザ!鉄腕!DASH!!』パートでは、『うまいもの人脈No.1決定戦』という企画を実施。参加した各番組が極上グルメを取り寄せ、『TOKIO』城島茂、女優・本田翼、石塚の審査員3人が味わい、順位をつけていった。

このうち『ヒルナンデス』出演者の『関ジャニ∞』横山裕は、都内で松阪牛を扱う焼肉店の肉をスタジオに取り寄せた。店主が1杯3000円の牛丼を調理。すき焼き鍋で砂糖と醤油だれで牛肉を炒める様子を見て一同は「ぜいたく!」などと感激した様子で、本田は箸で牛肉をたたみ、口に入れると「おいしい!」と絶賛した。石塚は、箸で牛肉を広げてカメラに見せ「自宅のシャワーカーテンにしたいぐらい」と冗談を放った。

『ホンジャマカ』石塚は箸を使わず唇と舌で肉をペロリ…

石塚は箸で牛肉をつまみ、口に入れると、そのまま斜めを向きながら、箸を使うことなく唇と舌のみで牛肉を口に流し込む。直後、牛肉を口に残したまま「天国に一番近い牛」と評した。

視聴者は本田、城島と比べて、石塚の食べ方は美しくないと声をあげていた。

《石塚さん自体は嫌いなわけでないんだけど、石塚さんの食べ方がとても下品に見えて生理的に受け付けられない…》
《正直 石塚さんの食べ方 苦手 普通に食べたらあかんのかな》
《石塚の食レポ、わざとあの食べ方してるのかも知れないが、食い方が汚くて全く美味しそうに見えない》
《どんなに美味しいものでも、あの食べ方が汚すぎてすべて不味そうにしか見えない》
《食事中に見てはいけないな せっかくの肉が不味く見える》
《石塚の食べ方ほんま汚くて嫌… あの食べ方やめさせろよ…》

ただ、肉をカメラに見せる時間は石塚が一番長かったようにも思えた。これも長年の食レポで石塚が培った、料理をおいしく見せるための〝技〟なのだろう。

【あわせて読みたい】