『ヒルナンデス!』誤情報で謝罪! 小学生レベルの間違いが話題に

南原清隆 

(C)まいじつ 

日本を代表する富士山級の人気芸人『ウッチャンナンチャン』の南原清隆。彼がMCを務める『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)が、10月5日の放送で〝謝罪〟を行った。

問題のシーンが訪れたのは、人気コーナー『料理の超キホン検定』でのこと。この日は惜しまれつつも同コーナー最終回となり、料理に関する基礎知識が次々と出題されていった。そのうちの1問として、「冷蔵庫に保存した方がいい野菜」と、「常温保存の方がいい野菜」を振り分けるクイズが出題される。

表示された野菜は、ジャガイモ・サツマイモ・ニンニク・レンコン・カットしたカボチャの5点。そして正解発表では、根菜類は低温障害を起こしやすいため、冷蔵庫よりも常温がいいという解説がナレーションされていく。

ジャガイモ・サツマイモ・ニンニク・レンコンと、5つ中4つが常温だと明かされた正解VTR。最後に残ったカットしたカボチャは、ナレーターから「こちらも根菜類ですが…冷蔵庫に保存した方がいい!」と正解発表された。

南原の優しい笑いに水を差す悲劇…

しかし、カボチャはツルから生える野菜であり、土に根を張る根菜に分類するのは全くの誤り。そのため、ネット上にはこの解説に対し、

《ヒルナンデスでカボチャは根菜類とか言っててそんなわけねーだろボケ》
《カボチャは根菜類って説明してたけど、根菜じゃないよね?》
《かぼちゃが根菜類とか頭おかしいだろ》
《ヒルナンデスでカボチャを根菜類って言ったけど、違うやろ》
《かぼちゃの事根菜類って言うたように聞こえた… 果菜類やけど… 私の耳が悪いんかな?》
《カボチャが根菜? は???》

などと疑問が噴出した。

番組側もミスに気付いたようで、番組終了間際には「カボチャを根菜と紹介しましたが、正しくは根菜ではありませんでした」との訂正と謝罪が入っている。

南原の性格を反映したかのごとく、優しく温和な笑いが特徴の同番組。番組中に謝罪を行うなど、カラーに合わないことはもう起きてほしくないものだ。

【あわせて読みたい】