靴職人・花田優一が『紅白』出場に意欲!「虚栄心の塊」と哀れむ声続出

花田優一 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

元貴乃花親方と元フジテレビ・河野景子アナの長男で、靴職人の花田優一が10月8日放送の『グッとラック!』(TBS系)に生出演。年末の『NHK紅白歌合戦』出場へ強い願望と本気度を語った。

この日、同番組では花田の日常に密着。自宅の靴工房で靴を作る姿や、アトリエで絵を描いている様子が放送された。その中で彼は、「多くのお客さんがどんなにお金を払ってもいいから、僕の靴が欲しいといっている。実際、採寸から納品まで全て自分の手でやっているから、時間がかかるんですよ」と仕事へのこだわりを語っていた。

先月27日に25歳を迎え、デジタルシングル曲『純青』を発売し、歌手デビューを果たしている花田。『週刊新潮』のインタビューでは、「やるからにはオリコンランキングの上位に食い込みたいし、年末にはNHKの紅白にも出てみたい」と、自信をのぞかせていた。番組内では、出演者が花田に「『紅白』を目指すのは本気か?」と質問。すると花田は「この質問はナンセンス。本気でしょ。テレビで言ってるんだから」などと歌手の一面を見せ、真剣に答えていた。

靴職人の『紅白』デビューに応援の声も…?

彼の歌手活動と、紅白へのアツい思いに、ネット上からは、

《前にテレビで生歌を観ましたけど、中身の薄い軽い歌としか思わなかった。メロディは耳に残らないし、心に残る歌詞もない。まして歌唱力がない。紅白とは、臍で茶を沸かすほど面白いことを言ってくれる。世の中をナメるにもほどがある》
《本当にいい曲を出して、ヒットすれば別にいいんじゃない? でもその前に自分の実力を自覚したほうがいいと思う》
《こんなこと言っちゃったんだ~。大丈夫だよ。間違いなく出られないので。何もかもズレてるよなぁ》
《結局、勘違いしたまま、何も成長できないままだね。それにしても親の七光りというのは、ここまで強烈なものなのか。虚栄心の塊みたいな人だから、実力が伴わなくても本人は幸せなのかもね》
《みなさん優一に厳しいですけど、僕は好きですよ。いい年した大人の男が、女子高生アイドルみたいなことを全国ネットでドヤ顔で言うなんて最高じゃないですか。優一は広い意味でのエンターテイナーなので、この程度のことはぜんぜんOKです》

など、相変わらずボロクソに叩かれている。

「ここ数日、花田はワイドショーに連日出演し、新曲の売り込みに奔走しています。もちろん手引きしているのは母親。本人は紅白出場を本気で目指しているようですが、歌唱力はアマチュアとしては上手い程度。もちろん、本格的なボイストレーニングなど一切受けたことはありません。とにかくあらゆることに手を出し、話題になることでスポンサーを集めたいんです。ワイドショーも視聴者から批判を受けるのを覚悟で出演させているのでしょうね。出演者が全員、シラケた顔をしているのが印象的でした」(芸能記者)

10月8日発売の『女性セブン』では、ひと回りほど年上のアラフォー美容師と〝ホテル密会〟していることが明らかとなった花田。タレント、靴職人、画家、歌手、ユーチューバー、ラジオDJ、モテ男、2世タレントなど、さまざまな肩書を持つ超人的な花田を止められる人は、この世にいるのだろうか…。

【あわせて読みたい】