浜田雅功の“権力”が強大すぎる… 2世タレント吊し上げに恐怖

浜田雅功 

(C)まいじつ 

タレントの岡田結実が、10月6日深夜放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)に出演。『ダウンタウン』浜田雅功の〝業界のドン〟ぶりがわかるエピソードを披露し、視聴者からはその権力におののく声が多くあがっている。

いまではお馴染みだが、結実はデビュー当初、父『ますだおかだ』岡田圭右の意向もあって、娘であることを隠していた。高校1年生頃から本格的にバラエティー番組に出演するようになったが、それから数年後、浜田の番組に出た際に〝身バレ事件〟が起こる。

それは、ある番組の収録で、浜田から「お前岡田の娘なんやろ?」と突然暴露されてしまったのだ。結実いわく、「事務所の人が『できればカットしてほしいんですけど』と言ったら、浜田さんが『いや、あれはカットせんくてええ』っておっしゃったらしくて」とし、「芸能界のドンが言ったから、放送しなきゃってっていうので放送して」「それが広まって、出るきっかけにはなった。だから、ちょっとだけ浜田さん恨んでいるってところはある」と苦笑いしながら当時を振り返る。これには番組MCを務める『オードリー』若林正恭も、「浜田さんを恨んでるって話、俺らには転がせないよ」と苦しくツッコミを入れるのだった。

浜田の息子であるハマ・オカモトの場合は…

この仰天エピソードに対し、視聴者からは

《ゲストの事務所がカットしてくれと言ってるのに、浜田の意向が優先されるの? 浜田どんだけ力あるの…》
《ドS浜田の被害者がここにも》
《本人側がカットして欲しい言うてんのに、浜ちゃんの鶴の一声でオンエア? どんだけ浜ちゃんに忖度してるのよ、テレビ局》

などと、業界の裏側が見えたとして騒然とする声が多くあがっている。

「浜田の長男はロックバンド『OKAMOTO’S』のハマ・オカモト。こちらも当初は大物二世タレントであるという事実を伏せていましたが、〝自分自身のキャリアを積んでから発表したい〟というハマたっての希望から、デビューした2009年から約14年もの間、公表にはいたりませんでした」(芸能ライター)

もしかしたら、浜田的に当時の結実は〝すでに一人前〟に見えていたのかもしれない。

【あわせて読みたい】