狩野英孝“元カノ”に未練?『ロンハー』で歌った曲に「川本真琴じゃん!」

狩野英孝 

(C)まいじつ 

10月8日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、お笑い芸人・狩野英孝が即興で歌を披露するシーンがあった。この歌が、かつての恋人の曲そっくりだと話題になっている。

この日は、狩野が扮する『50TA』の公式ライバルとして、『ぺこぱ』の松陰寺太勇、シュウペイが扮する『50PA』が登場。それぞれ3曲を作って披露し、視聴者投票で多く票を得た方が、生放送でライブを開催できることになった。

中間発表で2組は、まず完成した1曲を披露することに。狩野は「この一曲で向こうをギブアップにさせる」と自信満々の様子。続けて「本当に、撮れ高ゴメンナサイ」と、あまりに圧勝してしまうため、撮れ高がなくなるはずだと口にする。

すると〝撮れ高ゴメンナサイ〟というワードに周囲は反応。「(新曲の)タイトル?」などとフリを入れ、「それでは『撮れ高ゴメンナサイ』です。どうぞ」と、即興で曲を歌うよう狩野に無茶ブリをした。

これに狩野は「足りない 足りない 足りな~い 尺足りな~い」とワンフレーズを歌いあげ、見事に笑いにすることに成功するのだった。

ふいに飛び出した元カノ・川本真琴

しかしネット上では、この曲が〝とある曲〟そっくりだと話題に。それは、2016年に狩野の六股騒動で名前の挙がった、歌手・川本真琴のヒット曲『桜』だ。「桜」はサビで「で~きない できない できない できな~い」と歌い上げるフレーズが特徴的。そのため、視聴者からは

《「足りない 足りない 足りな~い」って、 『桜』の「できない できない できな~い」に似てる》
《川本真琴の桜に激似でザワザワしてるの私だけなの?》
《今の完全に元カノの「桜」の「でーきない できない×3」だったろ》
《50TAの即興、足りない足りない足りな~いは川本真琴では…》
《今の川本真琴そのまんまじゃんwwww》

といった指摘が相次いだ。

「狩野は、交際報道がある前から川本真琴のファンだったと公言していて、六股騒動の後には、『(気持ちは)川本さん100%でした』と告白。騒動になっていなければ、そのまま付き合い続けていたと語っていたほどなので、今でももしかしたら気持ちが残っていたりなんて…」(芸能記者)

とっさの時ほど、本心が出てしまうもの。今回の即興曲で、狩野は自身の思いに気づいたかもしれない。

【あわせて読みたい】