唐沢寿明『24 JAPAN』初回7.7%!「開始10秒でダメ」と大不評

唐沢寿明 

(C)まいじつ 

女優・仲間由紀恵が10月9日、自身のブログを更新。自身が出演する連続ドラマ『24 JAPAN』(テレビ朝日系)の放送開始を告知した。

同ドラマは、テレビ朝日とABEMA、TELASAの共同プロジェクト。米国連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官がテロ事件と戦う姿を描いた米ドラマ『24-TWENTY FOUR-』の日本版リメーク作品だ。CTU第1支部A班の班長・獅堂現馬役に唐沢寿明を迎え、仲間はキーパーソンとなる日本初の女性首相候補・朝倉麗を演じる。

仲間はブログで《燃えています! いよいよ今夜11時15分からドラマ『24 JAPAN』始まります!》《2クールという超大作です。皆さんに楽しんでもらえるように最後まで気を引き締めて頑張ります。夜11時台の放送ですが、皆さん、お寝坊注意ですよ!》と意気込みを語った。

この投稿にファンからは、

《全24回でしょうか? キャストも最高ですね。楽しみにしています》
《テレ朝にチャンネル合わせています 出演者も豪華だし楽しみ~》
《リアルタイムで見たのですが、1時間があっという間でした 由紀恵ちゃんの役も貫禄があって本当の総理大臣のようで格好よかったです》
《ドラマ見ました! 総理大臣候補役、素敵でした。続きが気になりすぎます!》

といったコメントが寄せられている。

なぜ『24』をリメークしようと思ったのか…

仲間のファンたちには好評だったようだが、ドラマの内容には、厳しい声があがっている。

「初回の世帯平均視聴率は7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。23時台のドラマとしては、高い方だと思います。しかし、視聴者からは〝本家『24』〟に比べて、クオリティーが低すぎるとの指摘が殺到中。どんなドラマも初回放送は注目を集めるため、一定の数字が見込めます。しかし内容に不満が続出している『24 JAPAN』は2クールもの間、この視聴率をキープできるとは思えません」(エンタメ誌記者)

実際に放送を見た視聴者からは、

《本家アメリカとはスピード感、緊張感、迫力、なんでこんなに違うのか?『SUITS』でも感じるが、制作スタッフのレベルの違いかな》
《海外ドラマのリメークは、もうやめた方がいいのでは。日本とアメリカのエンタメのレベルの違いしか感じない。本作はシーズン1のストーリーをほぼなぞってるのに、緊迫感が全くない》
《開始10秒でダメだと思った。理由は撮影手法。緊迫感があるはずの24をこんな普通のファミリードラマを撮る様な撮影方法にしたらダメでしょう。論外》
《原作の24を見ていなかったら、そこそこ楽しめたのかもしれないが、一度あの緊迫感を味わっていると、どうしても物足りなさは感じる》
《残念としか言えない。楽しみにしていたが日本ドラマの限界を感じた。そもそも全てのジャンル、時間帯に置いて日本のドラマは、レベルが低すぎる》
《ひどかった。リメークする作品の選定ミス。本家のスケール感を日本で出せるはずがない》

など、厳しい声が殺到している。

『24 JAPAN』は、テレ朝の開局60周年を記念したキモ入り作品。しかし、同作を見るのならば本家『24』を見た方が、時間を有効に使えるのかもしれない…。

【あわせて読みたい】