田中みな実の“紗栄子化”が止まらない! 今後はビジネス事業に進出!?

田中みな実 

(C)まいじつ 

フリーアナウンサー・田中みな実が、ファッション業界でも存在感を高めているようだ。

田中は今年の春以降、下着メーカー『ピーチ・ジョン』や、ファションブランド『スナイデル』、『トッコクローゼット』、『マーキュリーデュオ』などのモデルを務めており、他にもいくつかのブランドが水面下でオファーを検討しているという。

「2014年からフリーアナウンサーとして活動している田中は、今ではすっかり女優やモデルとしての地位を確立しました。ここ数年はファッション誌などへ幾度となく登場し、愛用の服やコスメを紹介。田中が使用する商品の購入者が続出し、〝田中みな実買い〟という言葉が生まれるほど。そんな田中の人気に目をつけたブランドが、こぞってオファーしている状態です。今年の秋冬シーズンも田中を起用する動きは続いており、しばらくはその勢いは衰えそうにありませんね」(ファッション誌ライター)

策士・田中みな実の今後は…!?

多ジャンルで活躍する田中の姿を見た人たちからは、

《今の田中みな実って一時期の紗栄子みたいだよね。扱われ方がソックリ》
《紗栄子も田中みな実も方向性は違えど、努力家で行動力あるし、女性としては色々な生き方のロールモデルになってる気がする》
《昔の紗栄子のポジションは、今だと田中みな実か…。2人とも同い年ってなんか違和感あるけど》

など、モデルで女優の紗栄子の名前をあげる人が続出している。

「最近は若者がブランド服を買わなくなったので、メーカーも青息吐息です。一流のモデルよりも、等身大でキレイなお姉さんタイプの田中が起用されるのは、理にかなっているのでしょう。もっとも紗栄子の場合は、周囲の目を気にせず、自分のやりたいことをやった結果、大人気になりました。しかし田中の場合は、安価に起用できるからオファーが殺到しているだけだと思いますよ。あざといキャラにアンチが苛立っているので、長続きするか微妙なところですが…」(芸能記者)

田中は153センチと低身長で、モデルには不向きなのは間違いない。需要が一巡した後は、紗栄子のようにビジネス業界に転身する可能性もあるかもしれない。

【あわせて読みたい】