元『AKB48』島崎遥香が激変! 以前とはまるで別人に「こんな子だった…?」

島崎遥香 

(C)まいじつ 

『AKB48』の〝神セブン〟に君臨しながらも、ファンへの無愛想な態度で多くのアンチを抱えていた島崎遥香。しかし、ソロタレント転向から数年が経過した今、「愛想が良くなった」と話題となっている。

「島崎は研究生の頃から、『神セブン』に並んで雑誌の表紙を飾るほど〝特別扱い〟だったメンバー。最初から祭り上げられて図にのったのか、ファンへの対応も酷いものがありました。ネット上には、『握手会で片手しか出さない』『左で握手してそのまま右に流してサヨウナラという握手 もちろん無言』『塩というより無対応』など、被害談が次々と上がっていました」(元AKBファン)

また、対ファンだけでなく、仕事への態度が酷い時もあったという。

「島崎は仕事に対しても、モチベーションによって態度がハッキリしていました。大型の音楽特番ではハツラツとする一方、バラエティーや公演中にはやる気のない態度を全開にすることはしょっちゅう。しかし、こうした行動すらも〝塩対応〟と、個性のように扱われていましたね」(48グループライター)

島崎遥香は仕事減で改心か…

しかし、10月11日放送の『林先生の初耳学!』(TBS系)では、マッチングアプリで恋人づくりをする女芸人に、開口一番「スゴく羨ましい。いいなー」とコメント。本人にアプリの使い方を質問するなど、積極的に番組に参加している。

VRゴーグルで水上バイクを体験した際も、島崎はキャーキャーと声を上げながらきちんとリアクションをとっている。共演した『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳も、「ぱるるがこんなにリアクション取れるようになったんだ…」と感心していた。

すっかり〝改心〟したようなこの態度に、ネット上にも

《めっちゃいい仕事した こんなツッコミできるなんて》
《ぱるるってめっちゃ小さい声で話してた子じゃなかったっけ!? なんならうるさいくらい喋ってるじゃん!》
《ハイテンションるる》
《ぱるるってこんなに笑うんだ》
《ぱるるから発言したり、淳さんの言う通り、リアクションもできて、かわいかったな。成長を感じますね》

など、驚きの声が上がっていった。

「島崎の仕事が、かつてより減っているのは厳然たる事実。ファン離れも深刻であり、昨年発売したデビュー10周年グッズは、売れ行き不振からか予約期間が延長されました。AKBという後ろ盾を失った今、天狗のままではいけないと、ようやく危機感を覚えたのでしょう。逆に言えば、〝メシの食い上げ〟が迫らないと態度が改められなかったようですね」(芸能記者)

改心した態度で、再ブレークを果たしてほしいものだ。

【あわせて読みたい】