玉木宏『極主夫道』初回11.8%も“原作改変”でファン激怒!「演出が最悪」

玉木宏

(C)まいじつ

おおのこうすけによる大人気マンガ『極主夫道』が、日本テレビ系にてドラマ化。10月11日の初回放送で、世帯平均視聴率11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、好調なスタートを切った。しかし原作との相違点が多く、原作ファンから落胆の声があがっている。

同作の主人公は、裏社会に数々の伝説を残してきた最凶ヤクザ・龍(玉木宏)。妻である美久(川口春奈)との結婚をキッカケにその道から足を洗い、専業主夫として生活する龍の日常を描いたアットホーム任侠コメディーだ。

原作では龍と美久は新婚という設定だったが、ドラマ版ではオリジナルキャラクターとして2人の娘で小学生の向日葵(白鳥玉季)が登場。大幅な設定変更に対して、原作ファンからは、

《こんな大きな娘がいるのに、つい最近極道やめたみたいな台詞が気になる。違和感しかない》
《極主夫道、漫画には存在しない娘が…。改変のせいで一気に萎えた》
《娘はいらないねん…。美久さんと2人きりでいいじゃん》
《極主夫道クソ楽しみにしてたのに…。娘出てきた瞬間に原作もろ無視で萎えてる》
《極主夫道見てるんだけど、娘さん大きくない? 娘の年齢=極道やめた年月だとしたら、玉木宏はずっとあの見た目を引きずってるのかな…。やばいな》
《作品はカタギの道に戻りたての極道を面白おかしく描いているわけで…。あの娘がいるとなったらカタギに戻って10年近く経ってるじゃないですか。龍さんがただのイタい人になっちゃってる…》

などの苦言が殺到。小学生の娘がいるにも関わらず、極道スタイルが抜けきらない龍を〝イタい大人〟として認識する視聴者が多かったようだ。

設定からシナリオまで大幅改編!?

また、原作は龍が戸惑いながらカタギの生活を送るコメディー描写がメインだが、ドラマ版では極道同士の抗争をめぐる任侠シーンの比重が上がっていた。そのためシナリオに対しても、

《極道から離れたのに、極道会長やマサが出しゃばりすぎてるのがダメだな。任侠ストーリーはいらないです》
《極道側の話が多い気がする。いらないね》
《原作無視のヤクザのガチ抗争入れる必要ある?》
《演出が最悪だな。極道抜けて町内に馴染んでる感じがいいのに何で全面に極道押すかな》

などといった意見が上がっている。

「制作陣は主人公を子持ちという設定にすることによって、より一層家族で楽しめる作品にする狙いだったのかもしれません。ですがお茶の間ウケを狙うなら、極道絡みのシーンは極力少なくするべきでしたね。ネット上でも《どの層に向けた改変なんだよ》などと、オリジナルキャラよりもシナリオにヘイトが溜まっているようです」(芸能ライター)

初回から好調な滑り出しを見せたドラマ『極主夫道』だが、原作ファンにとっては納得がいかない要素が多い様子。大胆な設定改編は、今後の視聴率にどのような影響を及ぼすのだろうか。

【あわせて読みたい】