『モヤさま』放送時間の変更に賛否!「完全に失敗」「深夜時代っぽくて面白い」

さまぁ~ず 

(C)まいじつ 

大人気〝街ブラ〟番組『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京系)の放送枠が、日曜18時30分から日曜21時へと変更された。10月11日には番組改編から初となる回が放送されたが、ネット上では賛否両論の声が巻き起こっている。

同番組は、お笑いコンビ『さまぁ~ず』がレギュラーで出演し、普段は行かないような地域を探索していくという内容。2007年に放送がスタートした当初は深夜番組だったが、好評を受けて2010年には日曜のゴールデン帯への進出を果たすことに。それから約10年にわたって〝日曜夕方〟の放送枠で親しまれてきた。

今回の放送では「来ました日曜9時! 横須賀でドイヒー開国ブラブラ」と題して、神奈川県横須賀市を舞台としたロケを敢行。「さまぁ~ず」とテレビ東京・田中瞳アナの3人が、いつも通りのゆるい空気感で番組を進行していく。

しかし、夕方からの放送に慣れていた視聴者の中には、不満を抱く人もいた様子。SNSなどでは、

《モヤさまは夕方に観るのが楽しいのに。21時は遅すぎるなあ》
《なんで21時からになったんだよ。眠くて見れねえ》
《モヤさまの21時引っ越しは完全に失敗だよなー。放送時間短くなってるし。忙しい時間帯だからリアタイで観れないのもつらい》

などの声が相次いでいる。

時間帯の変更で番組の雰囲気も変わった?

その一方、番組改編を好意的に受け止めている人からは、

《モヤさまが深夜時代っぽくなったのは気のせい? めちゃくちゃ面白く感じる》
《日曜21時のモヤさま、すごくイイ! なんというかディープな感じになってる!!》
《モヤさま見たけど、いい変更だと思う。時間帯の親和性が高くて、晩ご飯食べた後にサザエさん症候群を乗り越えられそう》
《一見ムダそうな場面もカットなしで使われてたし、自分が好きだった初期深夜時代のテイストでよかった。やっぱりモヤさまはこうでないと》
《ロケの尺が短くてサクサク変わるところや、着眼点のモヤり具合が昔を思い出させてくれて、深夜時代から見ている者としてはうれしい》

などのような意見が上がっていた。

「『モヤモヤさまぁ~ず2』は、前回まで約90分という尺で放送されていましたが、今回の番組改編によって約60分へと大幅に短縮されました。元々深夜番組だった頃は30分ほどの短い放送時間だったため、番組のテンポに対して《昔の雰囲気に近くなった》と感じる古参ファンも多いようですね」(芸能誌ライター)

長年にわたり、さまざまな時間帯で結果を残してきた「さまぁ~ず」の人気番組。〝日曜21時〟の定番としても受け入れられそうだ。

【あわせて読みたい】