マツコ・デラックス“引退”に後押し! ユーチューバー転身に期待

マツコ・デラックス 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

10月27日号の『女性自身』で、巷でまことしやかに囁かれている〝マツコ・デラックスの引退説〟について、マツコが所属する事務所の社長Aさんがインタビューに応えた。その未来ある内容に、世間ではさらにマツコの前途を応援する声が多くあがっている。

昨今、テレビ番組などで〝芸能界引退〟を示唆する発言が増えてきたマツコ。同記事では、Aさんが〝自分で仕事を開拓していってほしい〟との思いから、最近スタッフたちを正社員からフリー契約にしたこと、マツコ含む所属タレントへの思いなどを取材。そのなかで、Aさんは、もうすぐ50歳になるマツコに対し、《いまのキャラのままで、これからずっと将来も、というのはやっぱり難しい》とし、《あの人(マツコ)は舞台もやりたがっていますし、日本の食材の優秀さをもっと世界に広めたいとか、いろいろ希望を持っています》と芸能界以外にも目を向けていることを明らかにしている。

「Aさんは元々、お笑いコンビ『くりぃむしちゅー』のマネージャーを務め、その後独立。当時、雑誌の物書きだったマツコを芸能界へスカウトし、ここまで育て上げた人物です。そんな審美眼を持つ分、〝10年後も同じように働けているか〟との現実的な観点から、このままいくのは〝難しい〟と判断したのでしょう。ネット上でも『厳しいこと言ってるように見えるけど所属タレントやスタッフのことを考えた結果だと思う』などと、タレントを尊重する姿勢が評価されています」(ネットメディア編集)

猫好きであるマツコのYouTubeチャンネル

今や7本ものレギュラー番組を持つマツコ。もしも芸能界を引退したら、世間で〝マツコロス〟が巻き起こるのは容易なこと。それでも、ネット上では、

《今の仕事からステップアップする時がきたんだろうね。また別の分野での活躍が楽しみだな》
《やることはやった、という気持ちになれたのなら、あとは自分に素直になって余生を送るのもいいんじゃないかな》
《マツコTV辞める時が私がTVを見なくなる時だなー 最近はマツコしか見てない気がする 辞めてほしくないけど、こればっかは本人の意思を尊重するわ》

などと温かく受け入れる声が続出。また、

《YouTubeとかで猫と一緒に小一時間喋り続ける配信とかやってくれたら絶対観る》
《YouTuberにはなってほしくないけど(ならないだろうけど)猫とのんびり戯れてるだけの動画出したら観ちゃうだろうな》

などと、猫好きであるマツコのYouTubeデビューに期待を寄せる声も。

いやはや、好感度の高いマツコならではの反応である。

【あわせて読みたい】