『モニタリング』ヤラセ疑惑! 人が消えるドッキリに呆れ「騙されるわけない」

(C)Asier Romero / Shutterstock 

10月15日放送の『人間観察バラエティ モニタリング』(TBS系)のドッキリ企画に、視聴者から「仕掛けが拙い」などと呆れる声が続出している。仕掛けに気付かぬターゲットの振る舞いを見て、「ヤラセでは」との指摘も相変わらず多かった。

今回番組では、市民会館前の広場のベンチに座る2人組をターゲットに。そこへ仕掛け人の少年が現れ、「お姉ちゃんとケンカして逃げてきたの。どこか隠れようかな」と話しかけて隣のベンチに座った。同じく仕掛け人の園芸業者が黒幕の付いた装飾を持って横切り、装飾を壁に立てかける。少年が装飾の中に入って隠れ、業者が装飾を再び持ち上げると少年の姿は消えていた。

少年が消えるドッキリに「雑すぎる」

一連のドッキリを、番組は「人が目の前で突然消えたら信じる?」というテーマのドッキリ企画だとした。ターゲットはいずれも驚いた様子で「消えたんだけど! どこ行ったん?」などと困惑。女性2人組は昼間から幽霊が出たと信じ込んだ様子。そこで少年が再登場し、「壁の前で『入れてください』って言ったら入れた」「心がピュアなら入れる」と伝えると、女性2人は素直に壁に歩み寄り「入れてください」と話しかけ、スタジオの芸能人を笑わせた。

番組では、壁の一部を開き扉にし、そこに装飾を立てかけ、少年が装飾と壁を通り抜けてターゲットの視界から消える仕掛けだと説明している。

しかし視聴者は、壁の最下部には分かりやすいスキ間があり、ターゲットが気付かないのは不自然だと指摘 。またターゲットが本当の一般人であれば、少年が消えてからすぐに壁を確かめにいくはずだとし、「ヤラセ」ではないかと疑っている。

《こんな不自然な壁ないやろ。地元民ならわかるやろうし》
《壁の仕掛けは雑すぎるw あんな張りぼてで騙されるわけないやんw》
《立て掛けた植物の下の黒幕 見え過ぎだろ》
《なんでベンチから動かないの? 子どもが消えたら作業員に声かけるなり、壁を見に行くなりすると思うんだけど…やはりやらせ?》
《壁の下に隙間があってバレバレなのに気づかないのがモニタリングの出演者》
《壁はハリボテ感凄いし、レンガ壁の下に隙間あってその隙間とレンガが不自然に歪んでる…》
《モニタリング福生の市民会館じゃん。あんなところで休憩する人やうろつく子どもたちがあの壁おかしい事に気が付かないはずがないでしょ…》

放送する度に「ヤラセでは」との指摘は増え続けている。

【画像】

Asier Romero / Shutterstock

【あわせて読みたい】