木村拓哉“ネットニュース”を再び訂正? エゴサして辿り着いた報道とは…

木村拓哉 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

俳優の木村拓哉が10月15日、自身のインスタグラムを更新。その内容をめぐって、ファンの間では〝エゴサーチ疑惑〟が浮上している。

木村は、来年新春に2夜連続で放送されるスペシャルドラマ『教場2』(フジテレビ系)へ出演する。インスタでは《「おはようございます!」変身中です! 2時間とか言われていますが、風間に変身するのに毎回45分程ですよぉ!》というコメントとともに、ドラマ内で演じる冷徹な警察学校教官・風間にスタイルチェンジ中の写真を公開した。ヘアメーク担当の男性がせっせと〝シルバーヘアー〟を整えている様子を背景に、木村が自撮りした構図で、チャーミングにもウィンクを決めている。

「〝エゴサ疑惑〟が浮上したのは、『2時間とか言われていますが』というコメント部分。実は、10月4日に『日刊ゲンダイ』が配信した記事内で、『(木村は)髪の毛を白髪にし、顔に微妙なシワを入れる特殊メークには2時間近くかかる』という文言が掲載されていました。つまり、今回の木村は、この記事内容を見て、それとなく〝訂正〟したのかも?と推察されているのです」(ネットメディア編集)

絵文字おじさんも気にしていた?

思い返せば、木村が公式インスタグラムに初めて投稿をした際、ネットニュースでは「絵文字が多くておじさんみたい」などと指摘されていた。しかし、その後はあまり絵文字を使用しなくなったという前例がある。

「キムタクは、エゴサをしたとしても〝言いたい奴らには言わせとけ〟というタイプ。実際、2019年1月放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)では、悩める俳優仲間に対し、『やる事なす事いろいろ叩かれるからね』『〝何やったってキムタクだ〟って言われるもん』とネット上の反応を把握していると明らかに。また、自身の〝マスク2000枚差し入れ報道〟を否定したこともありました。スター俳優であろうとも、ネットニュースやSNSなどをチェックしていることが伺えます」(芸能ライター)

ネットニュースにも目を通し、ゆるやかにツッコむ木村。その度量の大きさこそが、スター俳優たらしめるのかもしれない。

【あわせて読みたい】